早大駅伝渡辺監督の住友電工入り 決め手は社長の“陸上愛”

公開日: 更新日:

 早大競走部駅伝監督を今月末で退任する渡辺康幸氏(41)が、4月から住友電工陸上部の監督に就任することが明らかになった。渡辺氏は本紙が2月に掲載したインタビューの中で、東京五輪を5年と半年後に控えた日本マラソン界の危機を力説。

「若い指導者は、今のままでは東京五輪のマラソンは惨敗するのでは、と危惧している」「今後は駅伝に特化せず、世界で通用する個人(=長距離選手)を育てたい」と語っていた。

 ある関係者が言う。

「渡辺さんに監督のオファーを出したのは住友電工の松本(正義=70)社長です。松本社長は一橋大時代はやり投げの選手で陸上を愛してやまない。自分が20年東京五輪・パラリンピック組織委員会理事を務めていることもあって、何とか陸上競技で金メダルを取りたい。『東京五輪のマラソンでメダルを取る選手を育てたい』という渡辺さんの意見に賛同したのです。同社陸上部は、今年元日のニューイヤー駅伝で25位になっているが、松本社長は渡辺さんと会談した際、『駅伝の強化はいいから、君の考える指導で世界に通用する選手を育てて欲しい』とバックアップを約束。それが決め手となり、監督就任となったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る