OP戦首位のソフトB 「松坂抜き」の開幕ダッシュに現実味

公開日:  更新日:

 オープン戦の首位が決定したソフトバンク。順調な仕上がりを見せる昨年の日本一チームに心配の種がある。メジャー帰りの松坂大輔(34)だ。

 オープン戦3試合で1勝1敗、防御率3.75。6回3失点だった17日のロッテ戦は、初回に4連打を浴びるなどピリッとしなかった。そして18日にはインフルエンザB型に感染したことが判明。開幕4戦目に予定されていた先発を回避せざるを得なくなった。

 工藤監督が「ローテを見直さないといけない。バックアップの投手を準備しておく」と話せば、佐藤投手コーチは「(発熱によって)関節も緩むし、戻ってきて、ハイどうぞというわけにはいかない。ファームで何回か投げてもらわないと」と話し、初登板は4月中旬までズレ込む可能性もあるという。

 が、松坂がいなくてもソフトバンクは痛くもかゆくもない。先発は開幕投手の摂津を筆頭に、スタンリッジ、中田、大隣の4枚に加え、武田、東浜ら若手もいて頭数は揃っている。リリーフ陣も若手成長株の飯田、森福、サファテらが控えている。ソフトバンクのOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る