OP戦首位のソフトB 「松坂抜き」の開幕ダッシュに現実味

公開日: 更新日:

 オープン戦の首位が決定したソフトバンク。順調な仕上がりを見せる昨年の日本一チームに心配の種がある。メジャー帰りの松坂大輔(34)だ。

 オープン戦3試合で1勝1敗、防御率3.75。6回3失点だった17日のロッテ戦は、初回に4連打を浴びるなどピリッとしなかった。そして18日にはインフルエンザB型に感染したことが判明。開幕4戦目に予定されていた先発を回避せざるを得なくなった。

 工藤監督が「ローテを見直さないといけない。バックアップの投手を準備しておく」と話せば、佐藤投手コーチは「(発熱によって)関節も緩むし、戻ってきて、ハイどうぞというわけにはいかない。ファームで何回か投げてもらわないと」と話し、初登板は4月中旬までズレ込む可能性もあるという。

 が、松坂がいなくてもソフトバンクは痛くもかゆくもない。先発は開幕投手の摂津を筆頭に、スタンリッジ、中田、大隣の4枚に加え、武田、東浜ら若手もいて頭数は揃っている。リリーフ陣も若手成長株の飯田、森福、サファテらが控えている。ソフトバンクのOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る