課題の球数減らず…松坂先発ならソフトBは「救援4人体制」

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの松坂大輔(34)がつかまった。

 17日のロッテ戦。不安を払拭するべく上がったオープン戦3度目の先発マウンドだったが、初回の先頭打者から4連打を浴び、いきなり3点を失った。二回以降は変化球主体の投球で何とか立ち直り、6回4安打3失点で切り抜けたとはいえ、球数は6回で97球に達した。

 松坂はキャンプ中から「先発投手としてマウンドに上がる以上、完投にこだわりたい」と話し、課題として「球数を減らすこと」を挙げていた。

 しかし、ここまでのオープン戦は日本復帰初登板となった4日の阪神戦で3回57球、10日の巨人戦でも3回64球を費やした。この日も初回の1イニングだけで27球である。これでは完投どころか、メジャー時代と同じように6回100球での降板がいいところ。松坂が白星を積み重ねるためには、どうやったって救援陣の助けが必要だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る