寝坊で罰金18万円 もう笑えないソフトB松坂の悪癖“再発”

公開日:  更新日:

 14日の試合前練習に寝坊して、36分遅刻したソフトバンクの松坂(34)。ソフトバンクでは1分の遅刻につき5000円の罰金という。つまり、松坂の罰金額は18万円ということになるようだ。

 だが、この程度の遅刻は松坂にとっては珍しくなく、むしろまだ序の口だ。ある西武OBは「早速やったか」と苦笑いしてこう言う。

「大輔は西武の時から寝坊の常習犯。食ってすぐに寝るタイプだから寝つきがよく、アラームが鳴り響く中、グースカ眠っていたこともあった。ルーキー時代のキャンプから、先輩選手に起こしてもらっていたほどだからね。結婚して女房に起こしてもらうようになってからは寝坊はしなくなったが、今は福岡に単身赴任。松坂は太りやすい体質も不安視されているけど、寝坊癖も根深い問題だよ」

 それでも西武の若手時代は「注目されすぎて可哀想だ」という先輩選手の庇護があった。生活がだらしなくとも、外野の声を黙らせるだけの力もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る