寝坊で罰金18万円 もう笑えないソフトB松坂の悪癖“再発”

公開日: 更新日:

 14日の試合前練習に寝坊して、36分遅刻したソフトバンクの松坂(34)。ソフトバンクでは1分の遅刻につき5000円の罰金という。つまり、松坂の罰金額は18万円ということになるようだ。

 だが、この程度の遅刻は松坂にとっては珍しくなく、むしろまだ序の口だ。ある西武OBは「早速やったか」と苦笑いしてこう言う。

「大輔は西武の時から寝坊の常習犯。食ってすぐに寝るタイプだから寝つきがよく、アラームが鳴り響く中、グースカ眠っていたこともあった。ルーキー時代のキャンプから、先輩選手に起こしてもらっていたほどだからね。結婚して女房に起こしてもらうようになってからは寝坊はしなくなったが、今は福岡に単身赴任。松坂は太りやすい体質も不安視されているけど、寝坊癖も根深い問題だよ」

 それでも西武の若手時代は「注目されすぎて可哀想だ」という先輩選手の庇護があった。生活がだらしなくとも、外野の声を黙らせるだけの力もあった。

 しかし、すでに34歳。日本中を熱狂させた投球も今は昔。オープン戦はサッパリで、「1年間ローテを守るのはムリ」との声も日に日に大きくなっている。寝坊を繰り返すようなら、チームメートから白い目で見られる可能性もある。

 それにしても、いい年して寝坊で遅刻とは、シーズン本番に影響しないか心配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか