寝坊で罰金18万円 もう笑えないソフトB松坂の悪癖“再発”

公開日: 更新日:

 14日の試合前練習に寝坊して、36分遅刻したソフトバンクの松坂(34)。ソフトバンクでは1分の遅刻につき5000円の罰金という。つまり、松坂の罰金額は18万円ということになるようだ。

 だが、この程度の遅刻は松坂にとっては珍しくなく、むしろまだ序の口だ。ある西武OBは「早速やったか」と苦笑いしてこう言う。

「大輔は西武の時から寝坊の常習犯。食ってすぐに寝るタイプだから寝つきがよく、アラームが鳴り響く中、グースカ眠っていたこともあった。ルーキー時代のキャンプから、先輩選手に起こしてもらっていたほどだからね。結婚して女房に起こしてもらうようになってからは寝坊はしなくなったが、今は福岡に単身赴任。松坂は太りやすい体質も不安視されているけど、寝坊癖も根深い問題だよ」

 それでも西武の若手時代は「注目されすぎて可哀想だ」という先輩選手の庇護があった。生活がだらしなくとも、外野の声を黙らせるだけの力もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る