寝坊で罰金18万円 もう笑えないソフトB松坂の悪癖“再発”

公開日: 更新日:

 14日の試合前練習に寝坊して、36分遅刻したソフトバンクの松坂(34)。ソフトバンクでは1分の遅刻につき5000円の罰金という。つまり、松坂の罰金額は18万円ということになるようだ。

 だが、この程度の遅刻は松坂にとっては珍しくなく、むしろまだ序の口だ。ある西武OBは「早速やったか」と苦笑いしてこう言う。

「大輔は西武の時から寝坊の常習犯。食ってすぐに寝るタイプだから寝つきがよく、アラームが鳴り響く中、グースカ眠っていたこともあった。ルーキー時代のキャンプから、先輩選手に起こしてもらっていたほどだからね。結婚して女房に起こしてもらうようになってからは寝坊はしなくなったが、今は福岡に単身赴任。松坂は太りやすい体質も不安視されているけど、寝坊癖も根深い問題だよ」

 それでも西武の若手時代は「注目されすぎて可哀想だ」という先輩選手の庇護があった。生活がだらしなくとも、外野の声を黙らせるだけの力もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る