球数や起用法は? 県岐阜商小川監督に聞く「エース高橋純平」

公開日: 更新日:

 24日に登場するのが大会ナンバーワン右腕といわれる高橋純平(3年)を擁する県岐阜商(岐阜)だ。スポーツ紙は「12球団が高評価」などとかまびすしいが、注目選手を預かることに苦悩はないのか。小川信和監督(43)に聞いた。

――高橋は中学時代から140キロを投げていたそうですが、入学当初の印象は。

「体は今よりも細かったですね。それは当然ですけど、私が驚いたのはランニングをする時の姿勢です。一歩一歩、足を前に進めていく姿勢が上級生よりも美しかった。体がブレずに走っていました。当時の藤田監督も『力がある。これならすぐに試合で使っても壊れない体だ』と話していました」

――県内では中学時代から有名だったのですか。

「西日本では有名だったみたいですね。ただ、大きな大会を制したなどの実績がないので、知る人ぞ知る、という投手だったとか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る