球数や起用法は? 県岐阜商小川監督に聞く「エース高橋純平」

公開日:  更新日:

 24日に登場するのが大会ナンバーワン右腕といわれる高橋純平(3年)を擁する県岐阜商(岐阜)だ。スポーツ紙は「12球団が高評価」などとかまびすしいが、注目選手を預かることに苦悩はないのか。小川信和監督(43)に聞いた。

――高橋は中学時代から140キロを投げていたそうですが、入学当初の印象は。

「体は今よりも細かったですね。それは当然ですけど、私が驚いたのはランニングをする時の姿勢です。一歩一歩、足を前に進めていく姿勢が上級生よりも美しかった。体がブレずに走っていました。当時の藤田監督も『力がある。これならすぐに試合で使っても壊れない体だ』と話していました」

――県内では中学時代から有名だったのですか。

「西日本では有名だったみたいですね。ただ、大きな大会を制したなどの実績がないので、知る人ぞ知る、という投手だったとか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る