• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球数や起用法は? 県岐阜商小川監督に聞く「エース高橋純平」

 24日に登場するのが大会ナンバーワン右腕といわれる高橋純平(3年)を擁する県岐阜商(岐阜)だ。スポーツ紙は「12球団が高評価」などとかまびすしいが、注目選手を預かることに苦悩はないのか。小川信和監督(43)に聞いた。

――高橋は中学時代から140キロを投げていたそうですが、入学当初の印象は。

「体は今よりも細かったですね。それは当然ですけど、私が驚いたのはランニングをする時の姿勢です。一歩一歩、足を前に進めていく姿勢が上級生よりも美しかった。体がブレずに走っていました。当時の藤田監督も『力がある。これならすぐに試合で使っても壊れない体だ』と話していました」

――県内では中学時代から有名だったのですか。

「西日本では有名だったみたいですね。ただ、大きな大会を制したなどの実績がないので、知る人ぞ知る、という投手だったとか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る