巨額不正流用発覚の大阪桐蔭 西谷監督に野球部との関係直撃

公開日:  更新日:

 夏春連覇を狙う強豪校にまさかの不祥事だ。

 24日発売の読売新聞が報道した大阪桐蔭(大阪)の裏金と不正流用問題。大阪桐蔭中学・高校は保護者から教材費を実際の額より多く徴収し、隠し口座にプール。10年以上前から行われ、実に1億円以上が学校幹部の飲食やブランド品購入にあてられていたという。隠し口座は複数あるといわれ、1億円は氷山の一角の可能性もある。これには大阪府も「非常に悪質」と不快感をあらわにした。

 野球部は無関係といえるのか。甲子園出場は春夏通算15回、優勝5回。全国から粒ぞろいの選手が集まっている。センバツを主催する毎日新聞も今回の事件について「府は、裏金の一部は優秀な生徒を獲得するための営業活動に使われていたとみている」と報じた。

「優秀な生徒」がごまんといる野球部は、裏金の一部を「営業活動」に使ったことはないのか。同校の社会科教諭を務める西谷浩一監督(45)を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る