巨額不正流用発覚の大阪桐蔭 西谷監督に野球部との関係直撃

公開日: 更新日:

 夏春連覇を狙う強豪校にまさかの不祥事だ。

 24日発売の読売新聞が報道した大阪桐蔭(大阪)の裏金と不正流用問題。大阪桐蔭中学・高校は保護者から教材費を実際の額より多く徴収し、隠し口座にプール。10年以上前から行われ、実に1億円以上が学校幹部の飲食やブランド品購入にあてられていたという。隠し口座は複数あるといわれ、1億円は氷山の一角の可能性もある。これには大阪府も「非常に悪質」と不快感をあらわにした。

 野球部は無関係といえるのか。甲子園出場は春夏通算15回、優勝5回。全国から粒ぞろいの選手が集まっている。センバツを主催する毎日新聞も今回の事件について「府は、裏金の一部は優秀な生徒を獲得するための営業活動に使われていたとみている」と報じた。

「優秀な生徒」がごまんといる野球部は、裏金の一部を「営業活動」に使ったことはないのか。同校の社会科教諭を務める西谷浩一監督(45)を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る