不安抱え開幕へ 阪神和田監督の首絞める西岡の「3番・三塁」

公開日: 更新日:

「今季のカギを握るのはゴメスや能見ではなく、三塁手やな」と言うのはベテラン阪神OBだが、同意見は多いのではないか。

 和田監督は打線の上位に、1番鳥谷、2番上本、3番西岡と並べて足を使いたい。ところが、三塁で起用される西岡はオープン戦打率は.152。慣れない三塁の守備にも不安を抱え、「現状では攻守ともに今成の方が上だし、新井もいる」ともっぱらだ。

 坂井オーナーもキーマンに挙げる西岡は、キャンプにおける二塁のポジション争いで上本に負けた。その間、和田監督から何度も三塁転向を勧められながら拒否していた事実を公にした。

 あるOBは「監督の考えに背いていた西岡も問題だが、『これは命令だ』と言ってすぐに三塁をやらせなかった和田監督の煮え切らない態度もおかしい。野村監督や星野監督時代には考えられないこと。わがままを許していたツケは大きい。チーム内にも西岡の3番・三塁に疑問を持つ者が少なくない。西岡が3番ではゴメス、マートンも機能しない。結果が出なかったとき、監督は求心力を失うことになるんじゃないか」と言う。

 和田監督が目指す「超攻撃的打線」は自分のクビを絞めるリスクをはらんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る