• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

OP戦不振の阪神4番ゴメス ライバルが警戒緩めない理由

 阪神は22日のオリックス戦に2安打の完封負け。2-2の引き分けに終わった前日は連続無得点を18回でストップさせたが、お寒い打線に逆戻りした。

 不振の象徴は2年目を迎えた4番ゴメスだ。この日は先発山崎福、2番手・東明の前に3タコに倒れ、ここ3試合は11打数無安打。オープン戦の打率は.120。某球団の007は「オリックスとの3連戦は、(捕手の)伊藤が動くボールとスライダーでうまく料理していた。ゴメスは昨年の日本シリーズで、ソフトバンクの武田と摂津のカーブに崩された。真っすぐのヒットゾーンは広い打者なので、どれだけ変化球を意識させるかがカギになる」という。

 一方、ある球団のコーチはこう言う。

「昨年の打点王(109)ですからね。どのチームもゴメス対策に抜かりはないでしょうが、うちは昨年だって研究を怠っていたわけじゃない。欠点を見つけても、何度か対戦すると対応された。三振は多い打者(166=リーグワースト2位)だが、打点には出来高がついているのだろう。二塁や三塁に走者がいるときは打撃が変わる。だから得点圏打率は.321。助っ人に限ったことではないが、オープン戦の数字なんて当てになりませんよ」

 ちなみにゴメスは試合後「最後はタイミングをつかみつつあった。シーズンが楽しみ」と語っていた。4番が打てば今季も阪神はAクラス争いはできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る