OP戦不振の阪神4番ゴメス ライバルが警戒緩めない理由

公開日: 更新日:

 阪神は22日のオリックス戦に2安打の完封負け。2-2の引き分けに終わった前日は連続無得点を18回でストップさせたが、お寒い打線に逆戻りした。

 不振の象徴は2年目を迎えた4番ゴメスだ。この日は先発山崎福、2番手・東明の前に3タコに倒れ、ここ3試合は11打数無安打。オープン戦の打率は.120。某球団の007は「オリックスとの3連戦は、(捕手の)伊藤が動くボールとスライダーでうまく料理していた。ゴメスは昨年の日本シリーズで、ソフトバンクの武田と摂津のカーブに崩された。真っすぐのヒットゾーンは広い打者なので、どれだけ変化球を意識させるかがカギになる」という。

 一方、ある球団のコーチはこう言う。

「昨年の打点王(109)ですからね。どのチームもゴメス対策に抜かりはないでしょうが、うちは昨年だって研究を怠っていたわけじゃない。欠点を見つけても、何度か対戦すると対応された。三振は多い打者(166=リーグワースト2位)だが、打点には出来高がついているのだろう。二塁や三塁に走者がいるときは打撃が変わる。だから得点圏打率は.321。助っ人に限ったことではないが、オープン戦の数字なんて当てになりませんよ」

 ちなみにゴメスは試合後「最後はタイミングをつかみつつあった。シーズンが楽しみ」と語っていた。4番が打てば今季も阪神はAクラス争いはできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る