OP戦不振の阪神4番ゴメス ライバルが警戒緩めない理由

公開日: 更新日:

 阪神は22日のオリックス戦に2安打の完封負け。2-2の引き分けに終わった前日は連続無得点を18回でストップさせたが、お寒い打線に逆戻りした。

 不振の象徴は2年目を迎えた4番ゴメスだ。この日は先発山崎福、2番手・東明の前に3タコに倒れ、ここ3試合は11打数無安打。オープン戦の打率は.120。某球団の007は「オリックスとの3連戦は、(捕手の)伊藤が動くボールとスライダーでうまく料理していた。ゴメスは昨年の日本シリーズで、ソフトバンクの武田と摂津のカーブに崩された。真っすぐのヒットゾーンは広い打者なので、どれだけ変化球を意識させるかがカギになる」という。

 一方、ある球団のコーチはこう言う。

「昨年の打点王(109)ですからね。どのチームもゴメス対策に抜かりはないでしょうが、うちは昨年だって研究を怠っていたわけじゃない。欠点を見つけても、何度か対戦すると対応された。三振は多い打者(166=リーグワースト2位)だが、打点には出来高がついているのだろう。二塁や三塁に走者がいるときは打撃が変わる。だから得点圏打率は.321。助っ人に限ったことではないが、オープン戦の数字なんて当てになりませんよ」

 ちなみにゴメスは試合後「最後はタイミングをつかみつつあった。シーズンが楽しみ」と語っていた。4番が打てば今季も阪神はAクラス争いはできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る