OP戦不振の阪神4番ゴメス ライバルが警戒緩めない理由

公開日:  更新日:

 阪神は22日のオリックス戦に2安打の完封負け。2-2の引き分けに終わった前日は連続無得点を18回でストップさせたが、お寒い打線に逆戻りした。

 不振の象徴は2年目を迎えた4番ゴメスだ。この日は先発山崎福、2番手・東明の前に3タコに倒れ、ここ3試合は11打数無安打。オープン戦の打率は.120。某球団の007は「オリックスとの3連戦は、(捕手の)伊藤が動くボールとスライダーでうまく料理していた。ゴメスは昨年の日本シリーズで、ソフトバンクの武田と摂津のカーブに崩された。真っすぐのヒットゾーンは広い打者なので、どれだけ変化球を意識させるかがカギになる」という。

 一方、ある球団のコーチはこう言う。

「昨年の打点王(109)ですからね。どのチームもゴメス対策に抜かりはないでしょうが、うちは昨年だって研究を怠っていたわけじゃない。欠点を見つけても、何度か対戦すると対応された。三振は多い打者(166=リーグワースト2位)だが、打点には出来高がついているのだろう。二塁や三塁に走者がいるときは打撃が変わる。だから得点圏打率は.321。助っ人に限ったことではないが、オープン戦の数字なんて当てになりませんよ」

 ちなみにゴメスは試合後「最後はタイミングをつかみつつあった。シーズンが楽しみ」と語っていた。4番が打てば今季も阪神はAクラス争いはできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る