西岡ブレーキ…阪神・和田構想「100盗塁打線」が崩壊危機

公開日: 更新日:

 ネット裏のスコアラーも「三塁は難しいんじゃないの?」と辛口だった。

 右ひじを痛めていた阪神西岡剛(30)が17日のDeNA戦で復帰。3番三塁でスタメン出場したが、4タコに終わった。オープン戦は19打数2安打。打率.105と低迷していることに加え、不安を露呈したのが守りだ。前出のスコアラーが言う。

「打撃の調子は上がってくるかもしれないが、問題は三塁の守備。打球に対する反応はやや鈍く、昨オフに右ひじをクリーニング手術した影響があるのか、一塁へは山なりで恐る恐る送球していた。三塁線にセーフティーバントをしたり、揺さぶりをかけるのが有効だと思う」

 だが和田監督は「(西岡は)打席を追うごとに内容が上がってきている。ひじも気にせずプレーしていた」と語る一方で、「しっかり仕上げてほしい。(開幕まで)そんなに試合はないし、打撃だけでなく守備も守っていかないといけない選手」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る