西岡ブレーキ…阪神・和田構想「100盗塁打線」が崩壊危機

公開日: 更新日:

 ネット裏のスコアラーも「三塁は難しいんじゃないの?」と辛口だった。

 右ひじを痛めていた阪神西岡剛(30)が17日のDeNA戦で復帰。3番三塁でスタメン出場したが、4タコに終わった。オープン戦は19打数2安打。打率.105と低迷していることに加え、不安を露呈したのが守りだ。前出のスコアラーが言う。

「打撃の調子は上がってくるかもしれないが、問題は三塁の守備。打球に対する反応はやや鈍く、昨オフに右ひじをクリーニング手術した影響があるのか、一塁へは山なりで恐る恐る送球していた。三塁線にセーフティーバントをしたり、揺さぶりをかけるのが有効だと思う」

 だが和田監督は「(西岡は)打席を追うごとに内容が上がってきている。ひじも気にせずプレーしていた」と語る一方で、「しっかり仕上げてほしい。(開幕まで)そんなに試合はないし、打撃だけでなく守備も守っていかないといけない選手」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る