「5、6点は取らないと…」 開幕戦勝利の巨人にOBが苦言

公開日:  更新日:

「終わってみれば、きちんと球を捉えたのは長野と亀井だけ。打線全体では、みんな全くバットが振れていない。4番の阿部も1番の坂本も撫でるようなスイングをしている。あれじゃ、投手は怖さを感じませんよ」

 巨人OBの中村稔氏がこう言った。

 DeNAの拙攻にも助けられた巨人は3-2で3年連続の開幕戦白星スタート。しかし、懸念されていた「貧打」はそのままだった。

 初回、長野が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち先制。二回には亀井の右越え2ランで3-0とした。DeNA先発の久保は二回で53球、三回終了時点で72球も投げていた。そんなアップアップの投手も攻略しきれない。巨人打線は三回以降はわずか1安打。散発4安打では喜んでばかりもいられない。

「制球が乱れ、高めに抜ける甘い球が多かった今日の久保なら5、6点は取らないと。巨人の各打者は器用だから、状態が悪いと当てにいってしまう。原監督が打線について苦言を呈すこともあって余計に結果を求め、力んでバットのヘッドが走らない。打線は不振をかこったオープン戦のままです。時間がかかると思う」(中村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る