「5、6点は取らないと…」 開幕戦勝利の巨人にOBが苦言

公開日:  更新日:

「終わってみれば、きちんと球を捉えたのは長野と亀井だけ。打線全体では、みんな全くバットが振れていない。4番の阿部も1番の坂本も撫でるようなスイングをしている。あれじゃ、投手は怖さを感じませんよ」

 巨人OBの中村稔氏がこう言った。

 DeNAの拙攻にも助けられた巨人は3-2で3年連続の開幕戦白星スタート。しかし、懸念されていた「貧打」はそのままだった。

 初回、長野が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち先制。二回には亀井の右越え2ランで3-0とした。DeNA先発の久保は二回で53球、三回終了時点で72球も投げていた。そんなアップアップの投手も攻略しきれない。巨人打線は三回以降はわずか1安打。散発4安打では喜んでばかりもいられない。

「制球が乱れ、高めに抜ける甘い球が多かった今日の久保なら5、6点は取らないと。巨人の各打者は器用だから、状態が悪いと当てにいってしまう。原監督が打線について苦言を呈すこともあって余計に結果を求め、力んでバットのヘッドが走らない。打線は不振をかこったオープン戦のままです。時間がかかると思う」(中村氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る