繰り返されそうな奇襲奇策と配転 巨人今季の不安も「原采配」

公開日: 更新日:

 例年、巨人はぶっちぎりの優勝候補に挙げられるが、今年は混セ。26日、原辰徳監督(56)がこう言ったのだ。

「セ・リーグはどんなペナント? 全く予想できませんね。昨年の星勘定は全く関係ありません」

 これほど投打に多くの不安を抱えたまま、開幕に突入するシーズンは近年ない。オープン戦を6連敗で終え、チーム打率.212は順位と同じく12チーム中11位。深刻な貧打に加え、投手陣もヤバイ。左のエース内海が故障で長期離脱となり、勝利の方程式の一角マシソンも調子が上がらず無期限二軍調整中。先発に転向していた西村が急きょ、リリーフに呼び戻された。

 原監督は「未完成のチームこそベンチ主導で動かさないと」が持論。昨季の113通りもの打順、内野の5人態勢の奇策もしかりだ。しかし、「こんなのまだ序の口」とさるチーム関係者が言う。

「オープン戦が悪かったから逆に監督は腕まくりしている。『動くぞ』と。捕手、外野、二塁のスタメンは毎日のように代わるだろうし、場合によってはシーズン中の配置転換だってあり得る。西村のように、選手は配置転換から元のポジションへの復帰も想定しておく必要がある。例えば一塁に転向した阿部の捕手復帰は『99%ない』と監督は公言しているが、開幕スタメンの小林にしても、FAの相川にしても決め手を欠いている。投手陣の中には『阿部の捕手復帰待望論』もあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット