繰り返されそうな奇襲奇策と配転 巨人今季の不安も「原采配」

公開日:  更新日:

 例年、巨人はぶっちぎりの優勝候補に挙げられるが、今年は混セ。26日、原辰徳監督(56)がこう言ったのだ。

「セ・リーグはどんなペナント? 全く予想できませんね。昨年の星勘定は全く関係ありません」

 これほど投打に多くの不安を抱えたまま、開幕に突入するシーズンは近年ない。オープン戦を6連敗で終え、チーム打率.212は順位と同じく12チーム中11位。深刻な貧打に加え、投手陣もヤバイ。左のエース内海が故障で長期離脱となり、勝利の方程式の一角マシソンも調子が上がらず無期限二軍調整中。先発に転向していた西村が急きょ、リリーフに呼び戻された。

 原監督は「未完成のチームこそベンチ主導で動かさないと」が持論。昨季の113通りもの打順、内野の5人態勢の奇策もしかりだ。しかし、「こんなのまだ序の口」とさるチーム関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る