満身創痍の原巨人 バックアッパーに“浪人”中村紀が急浮上

公開日: 更新日:

「売り込みってほど大げさな話じゃないが、つい最近、本人を知る関係者から『どうですか?』という連絡が来たよ」

 在京球団の編成担当がこう言った。

 昨年10月にDeNAから戦力外通告を受け、現役続行の希望を表明しながらすっかり音沙汰のなくなった中村紀洋(41)の近況を、

「地元の芦屋で今も、かなりのトレーニングを積んでいるらしい。3度目の浪人生活にもめげることなく、復帰への意欲はいささかも衰えていないということだった」

 と伝え聞き、

「他の球団にも話が行ってるのだとすれば、もしかしたら獲得を検討するところが出てくるかもしれないね。チーム状態が一向に上向かない巨人なんかいいんじゃない?」

 と言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る