巨人が熱視線の県岐阜商・高橋 原監督だけが無関心の理由

公開日: 更新日:

 今秋ドラフトの目玉、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は上々の甲子園デビューだった。

 24日の松商学園戦に先発。初回にいきなり「150キロ」をマークし、スタンドをどよめかせた。先制した直後の二回に同点に追いつかれると、「5割くらい(の力)でコースに投げることを意識した。中盤からは変化球中心でいい感じだった」と即座に修正。四回以降はパーフェクトに抑え、2安打11奪三振1失点の快投だった。

 183センチ、76キロの均整のとれた体格から繰り出す快速球が武器。この日はネット裏にプロ12球団のスカウトが陣取った。東海地区を担当する在阪球団某スカウトはこう舌を巻いた。

「スカウトの手持ちのスピードガンではMAX145キロ前後でしたが、彼の良さは腕の長さを生かせるところ。ムチのようにしなるから球が伸びる。投球フォームに力感がなく、打者は球速以上の速さを感じるでしょう。最近では大谷(花巻東→日本ハム)に近い。安楽(済美→楽天)より断然いいですね。三振を奪っていたスライダーをはじめ、カーブ、スプリットなどの変化球も多彩。完成度が高いから、球団内では高卒1年目から一軍で勝てるという声も上がった。もちろん、文句なしのドラフト1位候補。大谷級の逸材だけに、甲子園が終わったら全体の1番人気に浮上する可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る