巨人が熱視線の県岐阜商・高橋 原監督だけが無関心の理由

公開日: 更新日:

 今秋ドラフトの目玉、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は上々の甲子園デビューだった。

 24日の松商学園戦に先発。初回にいきなり「150キロ」をマークし、スタンドをどよめかせた。先制した直後の二回に同点に追いつかれると、「5割くらい(の力)でコースに投げることを意識した。中盤からは変化球中心でいい感じだった」と即座に修正。四回以降はパーフェクトに抑え、2安打11奪三振1失点の快投だった。

 183センチ、76キロの均整のとれた体格から繰り出す快速球が武器。この日はネット裏にプロ12球団のスカウトが陣取った。東海地区を担当する在阪球団某スカウトはこう舌を巻いた。

「スカウトの手持ちのスピードガンではMAX145キロ前後でしたが、彼の良さは腕の長さを生かせるところ。ムチのようにしなるから球が伸びる。投球フォームに力感がなく、打者は球速以上の速さを感じるでしょう。最近では大谷(花巻東→日本ハム)に近い。安楽(済美→楽天)より断然いいですね。三振を奪っていたスライダーをはじめ、カーブ、スプリットなどの変化球も多彩。完成度が高いから、球団内では高卒1年目から一軍で勝てるという声も上がった。もちろん、文句なしのドラフト1位候補。大谷級の逸材だけに、甲子園が終わったら全体の1番人気に浮上する可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る