巨人が熱視線の県岐阜商・高橋 原監督だけが無関心の理由

公開日:  更新日:

 今秋ドラフトの目玉、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は上々の甲子園デビューだった。

 24日の松商学園戦に先発。初回にいきなり「150キロ」をマークし、スタンドをどよめかせた。先制した直後の二回に同点に追いつかれると、「5割くらい(の力)でコースに投げることを意識した。中盤からは変化球中心でいい感じだった」と即座に修正。四回以降はパーフェクトに抑え、2安打11奪三振1失点の快投だった。

 183センチ、76キロの均整のとれた体格から繰り出す快速球が武器。この日はネット裏にプロ12球団のスカウトが陣取った。東海地区を担当する在阪球団某スカウトはこう舌を巻いた。

「スカウトの手持ちのスピードガンではMAX145キロ前後でしたが、彼の良さは腕の長さを生かせるところ。ムチのようにしなるから球が伸びる。投球フォームに力感がなく、打者は球速以上の速さを感じるでしょう。最近では大谷(花巻東→日本ハム)に近い。安楽(済美→楽天)より断然いいですね。三振を奪っていたスライダーをはじめ、カーブ、スプリットなどの変化球も多彩。完成度が高いから、球団内では高卒1年目から一軍で勝てるという声も上がった。もちろん、文句なしのドラフト1位候補。大谷級の逸材だけに、甲子園が終わったら全体の1番人気に浮上する可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る