• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人が熱視線の県岐阜商・高橋 原監督だけが無関心の理由

 今秋ドラフトの目玉、最速152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)は上々の甲子園デビューだった。

 24日の松商学園戦に先発。初回にいきなり「150キロ」をマークし、スタンドをどよめかせた。先制した直後の二回に同点に追いつかれると、「5割くらい(の力)でコースに投げることを意識した。中盤からは変化球中心でいい感じだった」と即座に修正。四回以降はパーフェクトに抑え、2安打11奪三振1失点の快投だった。

 183センチ、76キロの均整のとれた体格から繰り出す快速球が武器。この日はネット裏にプロ12球団のスカウトが陣取った。東海地区を担当する在阪球団某スカウトはこう舌を巻いた。

「スカウトの手持ちのスピードガンではMAX145キロ前後でしたが、彼の良さは腕の長さを生かせるところ。ムチのようにしなるから球が伸びる。投球フォームに力感がなく、打者は球速以上の速さを感じるでしょう。最近では大谷(花巻東→日本ハム)に近い。安楽(済美→楽天)より断然いいですね。三振を奪っていたスライダーをはじめ、カーブ、スプリットなどの変化球も多彩。完成度が高いから、球団内では高卒1年目から一軍で勝てるという声も上がった。もちろん、文句なしのドラフト1位候補。大谷級の逸材だけに、甲子園が終わったら全体の1番人気に浮上する可能性もあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る