<第1回>「翔平」の由来は源義経だった

公開日: 更新日:

 岩手県南西部に位置する奥州平泉は、源義経ゆかりの地だ。義経が頼った藤原氏の拠点だし、自ら命を絶った場所でもある。

 悲劇のヒーローは人々に愛され、のちに「判官びいき」という言葉も生まれた。

 そんな義経の死から約800年後の1994年、奥州市でひとりの男子が誕生した。父親は義経にちなんで、男の子を「翔平」と名付けた。現在、奥州市で暮らす大谷の父・徹(52)が名前の由来をこう説明する。

「義経が平泉にいたというのは、このあたりではだれでも知っています。中国に渡ったとか、北海道に行ったとか、義経伝説もいろいろあって、歴史上のいいイメージがある。最初は義経でもいいかなと思ったんですけど、大谷義経では、いくらなんでもだいそれてるかなと(笑い)。もともと翔という字が気に入っていて、はばたくというイメージがある。義経はなんかこう、身軽で美男子だったと聞いたこともありましたしね。大谷翔でもよかったんですけど、僕が徹でひと文字。これは僕自身が嫌で、上の子2人も、ふた文字にしたんです。ふた文字にすると、翔平とか翔太かなと。お兄ちゃんとお姉ちゃんは横浜で生まれたけど、あいつだけ岩手で生まれた。平泉も近い。なので平の字をもらって翔平と名付けたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る