• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第3回>父親を襲った“燃え尽き症候群”の顛末

 野球が強かった黒沢尻工は当時、OBが全国の社会人チームで活躍していた。彼らは大会が近くなると黒沢尻工に足を運び、後輩たちの面倒を見てくれていた。

 大谷の父・徹(52)はその中のひとり、千葉の名門チームでプレーする先輩のツテで、そこに入社しようと思った。黒沢尻工の監督、両親、先輩も含め、千葉の製鉄会社に就職するつもりで話を進めていた。高校の次は社会人でプロを目指すつもりだった。

 ところが3年夏、高校生活最後の県大会で初戦敗退。3年間、ただひたすら野球に打ち込んできたつもりなのに、1年夏の県大会決勝で敗れた盛岡一にまたしても敗れた。

 中学時代に陸上競技の100メートル走で味わったあの感覚。コンマ数秒だろうと負けは負け。1番にならない限り、どうやっても他人の背中を見せられる。それが嫌で野球部に入ったはずなのに、敗北感というか、むなしい感覚がよみがえった。野球のことはしばらく、考えたくなかった。情熱を注いだ分、反動は大きかった。内定していた千葉の製鉄会社への就職も断った。燃え尽きた、はずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る