• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷の“女房役”も決まらず…不安だらけの日ハム「捕手陣」

 大谷翔平(20)の160キロも、しかるべき捕手がいてより威力を増す。キャッチング、肩、リードに優れた女房役がいれば申し分ない。そこへいくと2月も中旬、キャンプの折り返し時期になっても捕手が心もとないのが日本ハムだ。

 昨季は大野(28)が105試合に出場したものの、稚拙なリードや右ヒジ痛の影響もあり、2番手の市川(29)にマスクを譲るケースが多かった。その2人が今年のキャンプは揃って二軍スタート。大野はヒジとリードの不安がいまだ解消されていない。昨年12月に椎間板ヘルニアの手術を行った市川は全治2カ月半。リハビリを考えると、開幕には間に合わない。

 4年目の近藤(21)には送球イップスの不安が付きまとう。

 スタメンマスクをかぶった15日の紅白戦。盗塁を刺そうと二塁に送球するも、まさかのスナップスロー。内野手が一塁に投げるようなフォームで送球はワンバウンドとなり、走者は悠々セーフだった。近藤は首をひねってため息を連発、スローイングのフォームを確かめるように何度も右腕を動かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る