大谷の“女房役”も決まらず…不安だらけの日ハム「捕手陣」

公開日: 更新日:

 大谷翔平(20)の160キロも、しかるべき捕手がいてより威力を増す。キャッチング、肩、リードに優れた女房役がいれば申し分ない。そこへいくと2月も中旬、キャンプの折り返し時期になっても捕手が心もとないのが日本ハムだ。

 昨季は大野(28)が105試合に出場したものの、稚拙なリードや右ヒジ痛の影響もあり、2番手の市川(29)にマスクを譲るケースが多かった。その2人が今年のキャンプは揃って二軍スタート。大野はヒジとリードの不安がいまだ解消されていない。昨年12月に椎間板ヘルニアの手術を行った市川は全治2カ月半。リハビリを考えると、開幕には間に合わない。

 4年目の近藤(21)には送球イップスの不安が付きまとう。

 スタメンマスクをかぶった15日の紅白戦。盗塁を刺そうと二塁に送球するも、まさかのスナップスロー。内野手が一塁に投げるようなフォームで送球はワンバウンドとなり、走者は悠々セーフだった。近藤は首をひねってため息を連発、スローイングのフォームを確かめるように何度も右腕を動かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  7. 7

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  10. 10

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る