大谷の“女房役”も決まらず…不安だらけの日ハム「捕手陣」

公開日: 更新日:

 大谷翔平(20)の160キロも、しかるべき捕手がいてより威力を増す。キャッチング、肩、リードに優れた女房役がいれば申し分ない。そこへいくと2月も中旬、キャンプの折り返し時期になっても捕手が心もとないのが日本ハムだ。

 昨季は大野(28)が105試合に出場したものの、稚拙なリードや右ヒジ痛の影響もあり、2番手の市川(29)にマスクを譲るケースが多かった。その2人が今年のキャンプは揃って二軍スタート。大野はヒジとリードの不安がいまだ解消されていない。昨年12月に椎間板ヘルニアの手術を行った市川は全治2カ月半。リハビリを考えると、開幕には間に合わない。

 4年目の近藤(21)には送球イップスの不安が付きまとう。

 スタメンマスクをかぶった15日の紅白戦。盗塁を刺そうと二塁に送球するも、まさかのスナップスロー。内野手が一塁に投げるようなフォームで送球はワンバウンドとなり、走者は悠々セーフだった。近藤は首をひねってため息を連発、スローイングのフォームを確かめるように何度も右腕を動かしていた。

 ある球団OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか