接戦落とした巨人 今年の試合終盤は「マシソン劇場」の予感

公開日:  更新日:

 巨人が接戦を落とした。31日の中日戦、3─3の同点に追いついた直後の八回裏に“劇場”の幕が開いた。

 3番手で登板したスコット・マシソン(31)が1死からルナ、福田に連打され、1死満塁から代打・小笠原に勝ち越し打を浴び、2失点KO。マシソンは「自分が投げようとした球だったけど、うまく引っ張られた」とうなだれた。

 オープン戦でも1死も取れずに降板するなど、2試合続けて乱調。二軍落ちし、この日登録されたばかりだった。昨季は64試合で30セーブ。150キロを超える剛速球がありながら、なぜ今年はこうも打たれるのか。セ・リーグのあるスコアラーはこう言っていた。

「昨年から左肩の開きが早くて球が見やすかった。もう3年見ているから、セの各打者は150キロ以上のマシソンの直球に慣れてきている。スライダーなどの変化球の精度が悪く、直球に的を絞れることもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る