接戦落とした巨人 今年の試合終盤は「マシソン劇場」の予感

公開日: 更新日:

 巨人が接戦を落とした。31日の中日戦、3─3の同点に追いついた直後の八回裏に“劇場”の幕が開いた。

 3番手で登板したスコット・マシソン(31)が1死からルナ、福田に連打され、1死満塁から代打・小笠原に勝ち越し打を浴び、2失点KO。マシソンは「自分が投げようとした球だったけど、うまく引っ張られた」とうなだれた。

 オープン戦でも1死も取れずに降板するなど、2試合続けて乱調。二軍落ちし、この日登録されたばかりだった。昨季は64試合で30セーブ。150キロを超える剛速球がありながら、なぜ今年はこうも打たれるのか。セ・リーグのあるスコアラーはこう言っていた。

「昨年から左肩の開きが早くて球が見やすかった。もう3年見ているから、セの各打者は150キロ以上のマシソンの直球に慣れてきている。スライダーなどの変化球の精度が悪く、直球に的を絞れることもある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る