開幕戦視聴率またも低迷 巨人に飛び出す「ゴジラ監督待望論」

公開日: 更新日:

 開幕カードを2勝1敗で発進した巨人が裏で苦汁をなめた。

 日本テレビ系で27日18時から放送されたプロ野球開幕戦、巨人対DeNA戦の平均視聴率が「10.7%」だったことが30日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 注目されたのは、TBS系で同日19時34分から放送されたサッカーの国際親善試合、日本代表対チュニジア代表戦。巨人戦と時間帯が重なったハリルホジッチ新監督の初陣の平均視聴率は「13.6%」(ビデオリサーチ調べ)。開幕戦を3-2発進した巨人が、2-0で勝利のハリル日本に完敗である。

 昨季の巨人の開幕戦は10.0%で歴代最低の数字だった。開幕戦1ケタ視聴率こそ免れたものの、巨人陣営の落胆は大きかった。

「いくらハリルホジッチ監督が初陣の代表戦だからって、サッカーは親善試合。こっちは開幕戦の真剣勝負。巨人戦の視聴率が上回れば、来年から地上波が増えるかもしれない」という関係者の思惑もあった。今年の日テレの巨人戦地上波中継は19試合(ナイター5試合、デーゲーム14試合)。昨年より1試合減っている。日テレ関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る