オリやっと初白星 きっかけは大砲ブランコ離脱という“皮肉”

公開日:  更新日:

 1日、ソフトバンク戦での逆転勝利でようやく今季初白星を挙げたオリックス。オフに中島、ブランコ、小谷野と長距離砲を次々と獲得し、これに糸井、T-岡田を加えた打線は「12球団ナンバーワン」と目された。

 ところが、これが不発続き。中でもオープン戦から左ヒザ痛に悩まされていたブランコの不振は深刻で、開幕4試合は打率.067、本塁打と打点はともにゼロと散々。大補強の目玉のひとりだったそのブランコがこの日、左ヒザ痛で登録抹消された途端、チームは生まれ変わった。

 ブランコの代役としてそれまで左翼手だったT-岡田が指名打者に入ることで、小技が使える駿太、坂口を同時に起用できるようになった。おかげで打線が「点」から「線」になり、得点力が復活。六回には7連打を含む打者13人がつなぐ猛攻で、一挙8点を奪ったのである。


 オリックス関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る