• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリやっと初白星 きっかけは大砲ブランコ離脱という“皮肉”

 1日、ソフトバンク戦での逆転勝利でようやく今季初白星を挙げたオリックス。オフに中島、ブランコ、小谷野と長距離砲を次々と獲得し、これに糸井、T-岡田を加えた打線は「12球団ナンバーワン」と目された。

 ところが、これが不発続き。中でもオープン戦から左ヒザ痛に悩まされていたブランコの不振は深刻で、開幕4試合は打率.067、本塁打と打点はともにゼロと散々。大補強の目玉のひとりだったそのブランコがこの日、左ヒザ痛で登録抹消された途端、チームは生まれ変わった。

 ブランコの代役としてそれまで左翼手だったT-岡田が指名打者に入ることで、小技が使える駿太、坂口を同時に起用できるようになった。おかげで打線が「点」から「線」になり、得点力が復活。六回には7連打を含む打者13人がつなぐ猛攻で、一挙8点を奪ったのである。


 オリックス関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る