オリやっと初白星 きっかけは大砲ブランコ離脱という“皮肉”

公開日:  更新日:

 1日、ソフトバンク戦での逆転勝利でようやく今季初白星を挙げたオリックス。オフに中島、ブランコ、小谷野と長距離砲を次々と獲得し、これに糸井、T-岡田を加えた打線は「12球団ナンバーワン」と目された。

 ところが、これが不発続き。中でもオープン戦から左ヒザ痛に悩まされていたブランコの不振は深刻で、開幕4試合は打率.067、本塁打と打点はともにゼロと散々。大補強の目玉のひとりだったそのブランコがこの日、左ヒザ痛で登録抹消された途端、チームは生まれ変わった。

 ブランコの代役としてそれまで左翼手だったT-岡田が指名打者に入ることで、小技が使える駿太、坂口を同時に起用できるようになった。おかげで打線が「点」から「線」になり、得点力が復活。六回には7連打を含む打者13人がつなぐ猛攻で、一挙8点を奪ったのである。


 オリックス関係者は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る