西武に完封負けのオリックス “金満補強”がいきなり裏目

公開日:  更新日:

「いくら何でも過大評価ですよ」と漏らしていたのは試合前のオリックス関係者だ。

 昨年はリーグ2位で優勝を逃し、オフは巨額の補強資金を投入。アメリカ帰りの中島裕之(32)とFAで小谷野栄一(34=元日本ハム)を獲得。助っ人は元DeNAのブランコ(34)に、広島からはバリントン(34)を引き抜いた。メジャーに色気をもっていた金子千尋(31)は、その後国内FA権を行使したものの残留。総額35億円を使った戦力を多くの評論家たちは高く評価。ソフトバンクとの「2強」や「ダントツ優勝」と予想している。

 だが、大幅な戦力アップどころか、現場では不安を抱えている者が少なくない。

 そもそも昨季2位で6年ぶりにCS(クライマックスシリーズ)に出場できたのは投手陣の踏ん張りや、機動力が使える若手野手の台頭があったからだ。それはリーグトップのチーム防御率(2.89)や同2位のチーム盗塁数(126)からもわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る