イチローに強力ライバル “万能型”ケリーが「5人目外野手」に

公開日:  更新日:

 メジャー15年目のシーズンは「4人目の外野手」に位置付けられたマーリンズ・イチロー(41)。

 レギュラーシーズン開幕を前にウカウカしていられなくなってきた。

 チームは5日(日本時間6日)、開幕ロースター25人を発表。CBSスポーツ(電子版)によれば、外野にはイエリッチ、オズナ、スタントンのレギュラーに加えて控えにはイチローの他、ドン・ケリー(35)が5人目の選手として登録された。

 メジャー8年目を迎えるケリーは、これまでのべ4球団を渡り歩いてきた苦労人だ。タイガース時代の10年には主に代打で起用され、9本塁打を放つなど意外性のある打者だ。

 打撃ならイチローに分があるとはいえ、ケリーの持ち味は投手も含めた全ポジションをこなす守備力。11年にはタイガースで救援投手として1試合に登板し無失点。同年には故障した正捕手V・マルチネスに代わって6イニングにマスクをかぶった経験もある。今季のオープン戦では本職の外野以外にも投手と捕手を除く内野の全ポジションで出場。失策は三塁でわずか1個とまずまずの守備を披露している。ケリーの守備力は高く評価されているそうで、外野の守備固めでもイチロー以上に重宝されそうだ。

 イチローは控えの座までケリーに奪われるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る