イチローに強力ライバル “万能型”ケリーが「5人目外野手」に

公開日: 更新日:

 メジャー15年目のシーズンは「4人目の外野手」に位置付けられたマーリンズ・イチロー(41)。

 レギュラーシーズン開幕を前にウカウカしていられなくなってきた。

 チームは5日(日本時間6日)、開幕ロースター25人を発表。CBSスポーツ(電子版)によれば、外野にはイエリッチ、オズナ、スタントンのレギュラーに加えて控えにはイチローの他、ドン・ケリー(35)が5人目の選手として登録された。

 メジャー8年目を迎えるケリーは、これまでのべ4球団を渡り歩いてきた苦労人だ。タイガース時代の10年には主に代打で起用され、9本塁打を放つなど意外性のある打者だ。

 打撃ならイチローに分があるとはいえ、ケリーの持ち味は投手も含めた全ポジションをこなす守備力。11年にはタイガースで救援投手として1試合に登板し無失点。同年には故障した正捕手V・マルチネスに代わって6イニングにマスクをかぶった経験もある。今季のオープン戦では本職の外野以外にも投手と捕手を除く内野の全ポジションで出場。失策は三塁でわずか1個とまずまずの守備を披露している。ケリーの守備力は高く評価されているそうで、外野の守備固めでもイチロー以上に重宝されそうだ。

 イチローは控えの座までケリーに奪われるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る