日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷翔平vs藤浪晋太郎 吉井理人氏があげる「3年目の課題」

「球速より、真っすぐの質を上げるべきだと思いますね」

 大谷翔平(20=日本ハム)の15年シーズンについてこう言うのは評論家の吉井理人氏だ。

 14年は24試合に登板して11勝4敗、防御率2.61。スポーツマスコミは162キロの球速に注目するものの、「大切なのは制球力です」とこう続ける。

「変化球はいい。高めに抜けるケースもありますけど、フォーク、スライダーとも、投げるときに腕の振りが緩まない。フォークもストンと落ちます。ただ、ストレートの制球が良くない。大谷には狙ったところに投げられるコントロールがまだありません。ストライクゾーンを左右に2分割しても正確に投げ分けているとは言い難い。理想は左右を3分割して内角と外角に投げ分けられるようになること。変化球は高低のミスをしないことが重要ですが、ストレートは左右のコントロールが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事