大谷翔平vs藤浪晋太郎 吉井理人氏があげる「3年目の課題」

公開日:  更新日:

「球速より、真っすぐの質を上げるべきだと思いますね」

 大谷翔平(20=日本ハム)の15年シーズンについてこう言うのは評論家の吉井理人氏だ。

 14年は24試合に登板して11勝4敗、防御率2.61。スポーツマスコミは162キロの球速に注目するものの、「大切なのは制球力です」とこう続ける。

「変化球はいい。高めに抜けるケースもありますけど、フォーク、スライダーとも、投げるときに腕の振りが緩まない。フォークもストンと落ちます。ただ、ストレートの制球が良くない。大谷には狙ったところに投げられるコントロールがまだありません。ストライクゾーンを左右に2分割しても正確に投げ分けているとは言い難い。理想は左右を3分割して内角と外角に投げ分けられるようになること。変化球は高低のミスをしないことが重要ですが、ストレートは左右のコントロールが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る