大谷翔平vs藤浪晋太郎 吉井理人氏があげる「3年目の課題」

公開日: 更新日:

「球速より、真っすぐの質を上げるべきだと思いますね」

 大谷翔平(20=日本ハム)の15年シーズンについてこう言うのは評論家の吉井理人氏だ。

 14年は24試合に登板して11勝4敗、防御率2.61。スポーツマスコミは162キロの球速に注目するものの、「大切なのは制球力です」とこう続ける。

「変化球はいい。高めに抜けるケースもありますけど、フォーク、スライダーとも、投げるときに腕の振りが緩まない。フォークもストンと落ちます。ただ、ストレートの制球が良くない。大谷には狙ったところに投げられるコントロールがまだありません。ストライクゾーンを左右に2分割しても正確に投げ分けているとは言い難い。理想は左右を3分割して内角と外角に投げ分けられるようになること。変化球は高低のミスをしないことが重要ですが、ストレートは左右のコントロールが大切です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る