日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林と相川の一騎打ち 巨人正捕手候補2人の切り札とネック

 巨人の今季最大のポイントといわれる正捕手争い。実松と加藤が二軍落ちで宮崎に残留したことで、FA新加入の相川亮二(38)、2年目の小林誠司(25)の一騎打ちが、那覇2次キャンプの実戦で本格化する。

 現段階では相川がリード。村田総合コーチも「相川がリード? そうやね。小林が追いついて追い越すのを期待しているけど」と認めている。

 ただ、小林は“切り札”を持っている。菅野の存在である。2人は同い年。配球を投手主導で組み立てたいエースと息が合ったことで、昨季は菅野の登板試合で起用されることが多かった。小林にとっては生命線だ。

 一方、相川にはそれがネックとなる。開幕最有力投手が小林を指名すれば、必然的に開幕のスタメンは小林になってしまう。が、そこは21年目のベテランだ。あるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事