小林と相川の一騎打ち 巨人正捕手候補2人の切り札とネック

公開日: 更新日:

 巨人の今季最大のポイントといわれる正捕手争い。実松と加藤が二軍落ちで宮崎に残留したことで、FA新加入の相川亮二(38)、2年目の小林誠司(25)の一騎打ちが、那覇2次キャンプの実戦で本格化する。

 現段階では相川がリード。村田総合コーチも「相川がリード? そうやね。小林が追いついて追い越すのを期待しているけど」と認めている。

 ただ、小林は“切り札”を持っている。菅野の存在である。2人は同い年。配球を投手主導で組み立てたいエースと息が合ったことで、昨季は菅野の登板試合で起用されることが多かった。小林にとっては生命線だ。

 一方、相川にはそれがネックとなる。開幕最有力投手が小林を指名すれば、必然的に開幕のスタメンは小林になってしまう。が、そこは21年目のベテランだ。あるチーム関係者がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る