日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一塁転向の巨人阿部が本音漏らす 「捕手戻ってと言う人いる」

 さる16日から始まった沖縄での2次キャンプで右ふくらはぎを痛め、別メニュー調整を強いられている阿部慎之助(35)。24日からマシン打撃を再開し、ノックやキャッチボールも行って「思っていたより細かい動きができた」と安堵の表情を浮かべた。その阿部に、野球評論家の橋本清氏(45)が直撃した。

 久しぶりに会った慎之助の印象は、「絞れてるなぁ」。公称180センチ、97キロですが、10キロ以上は痩せたように見えます。

「みんなにそう言われるんですが、体重は変わっていないんですよ。去年の10月かな、遅ればせながらウエートトレーニングを始めたんです。締まって見えるのは多分、その成果だと思います」

 聞けば、慎之助が本格的にウエートトレーニングに取り組むのは、大学生のとき以来とか。01年に巨人に入団してからは、熱心に体を鍛えるナインを尻目に、「打ったり守ったり、自分の体は野球の動きの中で鍛えよう」という考えを貫いてきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事