オリックス打率1割台 裏目に出た大型補強が機動力も“抹殺”

公開日: 更新日:

 開幕して10試合も終わっていないうちから大騒ぎすることはないが、それにしてもオリックスはひどい。3日の日本ハム戦も2安打1得点で黒星。最下位打線の打率はリーグで唯一、2割を切った(.193)。

 森脇監督は「重い時間が流れているが、糧にして勝ち取る強さに変えていきたい」と言った。

 開幕前はブランコ、中島、小谷野の補強で他球団に恐れられていた打線が、西武との開幕カードでブレーキとなったブランコは1日、左ひざ故障で登録抹消。中島、小谷野も今のところ、いいところがない。

 ライバル球団の関係者は「オフの補強で長打力のある打者を揃えたが、それが裏目に出ている」と言ってこう続ける。

「昨年のオリックスはリーグ2位の126盗塁に177犠打はリーグ最多。機動力や小技で主導権を握っていた。中島、小谷野、ブランコの加入で、年間30盗塁は堅いヘルマンが開幕カードは控えに回り、坂口や駿太も日替わり起用。1番打者も平野、駿太、ヘルマンとコロコロ変わる。3日の日ハム戦は初回、1番ヘルマンが2ストライクから中前打で出塁し、平野が送って、糸井の犠飛で先制した。あれが本来の形。そこからパワー系の打者がうまく噛み合えば得点力は上がるのに、後が続かない。森脇監督は選手を動かしたい指揮官です。それができずにストレスをためている。点が取れないから打順をコロコロ変えるばかり。その焦りが選手に伝染している」

 開幕戦は7回1失点と好投しながら無得点で負け投手となったディクソンは、3日も打線の援護がなく2敗目を喫した。「打線はこれから打ってくれると思うので心配していない」とはいうものの、このままでは投手と野手との信頼関係にもヒビが入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る