オリックス打率1割台 裏目に出た大型補強が機動力も“抹殺”

公開日: 更新日:

 開幕して10試合も終わっていないうちから大騒ぎすることはないが、それにしてもオリックスはひどい。3日の日本ハム戦も2安打1得点で黒星。最下位打線の打率はリーグで唯一、2割を切った(.193)。

 森脇監督は「重い時間が流れているが、糧にして勝ち取る強さに変えていきたい」と言った。

 開幕前はブランコ、中島、小谷野の補強で他球団に恐れられていた打線が、西武との開幕カードでブレーキとなったブランコは1日、左ひざ故障で登録抹消。中島、小谷野も今のところ、いいところがない。

 ライバル球団の関係者は「オフの補強で長打力のある打者を揃えたが、それが裏目に出ている」と言ってこう続ける。

「昨年のオリックスはリーグ2位の126盗塁に177犠打はリーグ最多。機動力や小技で主導権を握っていた。中島、小谷野、ブランコの加入で、年間30盗塁は堅いヘルマンが開幕カードは控えに回り、坂口や駿太も日替わり起用。1番打者も平野、駿太、ヘルマンとコロコロ変わる。3日の日ハム戦は初回、1番ヘルマンが2ストライクから中前打で出塁し、平野が送って、糸井の犠飛で先制した。あれが本来の形。そこからパワー系の打者がうまく噛み合えば得点力は上がるのに、後が続かない。森脇監督は選手を動かしたい指揮官です。それができずにストレスをためている。点が取れないから打順をコロコロ変えるばかり。その焦りが選手に伝染している」

 開幕戦は7回1失点と好投しながら無得点で負け投手となったディクソンは、3日も打線の援護がなく2敗目を喫した。「打線はこれから打ってくれると思うので心配していない」とはいうものの、このままでは投手と野手との信頼関係にもヒビが入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る