オリックス打率1割台 裏目に出た大型補強が機動力も“抹殺”

公開日: 更新日:

 開幕して10試合も終わっていないうちから大騒ぎすることはないが、それにしてもオリックスはひどい。3日の日本ハム戦も2安打1得点で黒星。最下位打線の打率はリーグで唯一、2割を切った(.193)。

 森脇監督は「重い時間が流れているが、糧にして勝ち取る強さに変えていきたい」と言った。

 開幕前はブランコ、中島、小谷野の補強で他球団に恐れられていた打線が、西武との開幕カードでブレーキとなったブランコは1日、左ひざ故障で登録抹消。中島、小谷野も今のところ、いいところがない。

 ライバル球団の関係者は「オフの補強で長打力のある打者を揃えたが、それが裏目に出ている」と言ってこう続ける。

「昨年のオリックスはリーグ2位の126盗塁に177犠打はリーグ最多。機動力や小技で主導権を握っていた。中島、小谷野、ブランコの加入で、年間30盗塁は堅いヘルマンが開幕カードは控えに回り、坂口や駿太も日替わり起用。1番打者も平野、駿太、ヘルマンとコロコロ変わる。3日の日ハム戦は初回、1番ヘルマンが2ストライクから中前打で出塁し、平野が送って、糸井の犠飛で先制した。あれが本来の形。そこからパワー系の打者がうまく噛み合えば得点力は上がるのに、後が続かない。森脇監督は選手を動かしたい指揮官です。それができずにストレスをためている。点が取れないから打順をコロコロ変えるばかり。その焦りが選手に伝染している」

 開幕戦は7回1失点と好投しながら無得点で負け投手となったディクソンは、3日も打線の援護がなく2敗目を喫した。「打線はこれから打ってくれると思うので心配していない」とはいうものの、このままでは投手と野手との信頼関係にもヒビが入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声