ペーニャ獲得で8人に 楽天助っ人の熾烈な「一軍ベンチ」争い

公開日: 更新日:

「いくら大砲がいないといっても……」

 楽天の関係者が呆れ顔だ。チームが元オリックスの主砲ペーニャを獲得することが濃厚になったからだ。

 楽天は昨年末からジョーンズの後釜となる右の大砲を調査。その筆頭格として昨季オリックスで32本塁打、90打点を残したペーニャに早くからラブコールを送っていた。大久保監督が「補強をするのであればありがたい」と喜ぶのは当然だろうが、いいことばかりではない。

 ペーニャ獲得となれば、楽天の助っ人外国人は投手4人(ミコライオ、クルーズ、レイ、ハウザー)、野手4人(セゴビア=育成、サンチェス、ウィーラー、ペーニャ)の計8人となる。ただし、一軍に出場選手登録できるのは投手、野手を合わせて計4人。そのうち、ミコライオ、クルーズ、サンチェスはほぼ一軍が内定。これにペーニャが加われば、他の助っ人選手は一軍ベンチに入れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る