日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペーニャ獲得で8人に 楽天助っ人の熾烈な「一軍ベンチ」争い

「いくら大砲がいないといっても……」

 楽天の関係者が呆れ顔だ。チームが元オリックスの主砲ペーニャを獲得することが濃厚になったからだ。

 楽天は昨年末からジョーンズの後釜となる右の大砲を調査。その筆頭格として昨季オリックスで32本塁打、90打点を残したペーニャに早くからラブコールを送っていた。大久保監督が「補強をするのであればありがたい」と喜ぶのは当然だろうが、いいことばかりではない。

 ペーニャ獲得となれば、楽天の助っ人外国人は投手4人(ミコライオ、クルーズ、レイ、ハウザー)、野手4人(セゴビア=育成、サンチェス、ウィーラー、ペーニャ)の計8人となる。ただし、一軍に出場選手登録できるのは投手、野手を合わせて計4人。そのうち、ミコライオ、クルーズ、サンチェスはほぼ一軍が内定。これにペーニャが加われば、他の助っ人選手は一軍ベンチに入れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事