首位中日の課題は谷繁監督 “選手兼任”のさじ加減とOB指摘

公開日:  更新日:

「試合出場がちょっと少ないですよね」

 中日OBの評論家・藤波行雄氏が、こう言う。

 兼任2年目を迎えた谷繁監督(44)。チームは14日の阪神戦にサヨナラ勝ち。開幕から首位を走るなど好調を維持しているが、一方で「選手谷繁」としては16試合を終えて3試合に出場しただけ。マスクをかぶったのは途中出場の1試合で、あとは代打としての出場。ほぼ、監督専任になっている。

「選手兼任といっても、監督としての立場もある。育成を考慮すれば、後継者として松井雅(27)を育てたい気持ちもあるのでしょう。ただ、17試合中7試合に出場したオープン戦時と比べ、試合に出る意欲があまり感じられないのが気にかかる。調整が遅れていて、先発出場するには時間がかかるのかもしれませんが、問題は今後です。捕手は簡単には育たないポジションだし、松井には経験が必要。巨人、広島、阪神というライバル球団が調子を上げてきたときにどう踏ん張るか。優勝争いをするときにどう戦うか。そこにはやはり、百戦錬磨の谷繁の力が必要だと思います」(藤波氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る