• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首位中日の課題は谷繁監督 “選手兼任”のさじ加減とOB指摘

「試合出場がちょっと少ないですよね」

 中日OBの評論家・藤波行雄氏が、こう言う。

 兼任2年目を迎えた谷繁監督(44)。チームは14日の阪神戦にサヨナラ勝ち。開幕から首位を走るなど好調を維持しているが、一方で「選手谷繁」としては16試合を終えて3試合に出場しただけ。マスクをかぶったのは途中出場の1試合で、あとは代打としての出場。ほぼ、監督専任になっている。

「選手兼任といっても、監督としての立場もある。育成を考慮すれば、後継者として松井雅(27)を育てたい気持ちもあるのでしょう。ただ、17試合中7試合に出場したオープン戦時と比べ、試合に出る意欲があまり感じられないのが気にかかる。調整が遅れていて、先発出場するには時間がかかるのかもしれませんが、問題は今後です。捕手は簡単には育たないポジションだし、松井には経験が必要。巨人、広島、阪神というライバル球団が調子を上げてきたときにどう踏ん張るか。優勝争いをするときにどう戦うか。そこにはやはり、百戦錬磨の谷繁の力が必要だと思います」(藤波氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る