小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

ベイ筒香&中日福田 横浜高OB2人に“育ての親”が太鼓判

公開日:  更新日:

 横浜高校でかつて4番を張ったOBが好スタートを切った。

 まずは7日時点で一時、セ・リーグ打撃部門4冠に立ったDeNAの4番・筒香嘉智(23)だ。昨季は打率3割。高卒6年目の今季はさらに覚醒する気配がある。

 ようやくタイミングが取れるようになってきた。バットのヘッドが下がるクセが矯正され、格段に打ち損じが減った。成長ぶりは変化球で崩された時に表れている。昨季までは抜かれた球で崩されるとジ・エンド。もろさも共存していた。打席で間がつくれるようになったため、軸足となる左足が簡単に返らず、ぐっと我慢できるようになった。下半身が強くなったというより、使えるようになった。

 ひとつだけ気になる点がある。バックスイングをした際、投手寄りの右肩が下に落ちてしまうことがある。連動して左肩も下がり、ヘッドも下がる。スイングがギッタンバッコンしてしまう。これでは引っ張って一番本塁打しやすい内角高めに差し込まれてしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る