小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ベイ筒香&中日福田 横浜高OB2人に“育ての親”が太鼓判

公開日: 更新日:

 横浜高校でかつて4番を張ったOBが好スタートを切った。

 まずは7日時点で一時、セ・リーグ打撃部門4冠に立ったDeNAの4番・筒香嘉智(23)だ。昨季は打率3割。高卒6年目の今季はさらに覚醒する気配がある。

 ようやくタイミングが取れるようになってきた。バットのヘッドが下がるクセが矯正され、格段に打ち損じが減った。成長ぶりは変化球で崩された時に表れている。昨季までは抜かれた球で崩されるとジ・エンド。もろさも共存していた。打席で間がつくれるようになったため、軸足となる左足が簡単に返らず、ぐっと我慢できるようになった。下半身が強くなったというより、使えるようになった。

 ひとつだけ気になる点がある。バックスイングをした際、投手寄りの右肩が下に落ちてしまうことがある。連動して左肩も下がり、ヘッドも下がる。スイングがギッタンバッコンしてしまう。これでは引っ張って一番本塁打しやすい内角高めに差し込まれてしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る