サヨナラ勝ちで首位浮上の中日に「リリーフ陣不安」の声

公開日: 更新日:

 開幕前、専門家の間では最下位予想が少なくなかった。12日に今季早くも3度目のサヨナラ勝ちでDeNAを下した中日は、その下馬評を覆すように9勝6敗で首位浮上。試合後の谷繁監督のコメントにも手応えがにじみ出てきた。

「1試合ごとに粘りが出ている。次からもこれを続けていきたい」

 ただし、評論家の橋本清氏はこう言う。

「ここまでの戦いを見ると、中日は1点差試合で4勝4敗。この勝率が上がってきて初めて、他球団は中日に対して怖さを感じると思います。落合監督時代から中日はとにかく接戦に強かった。抑えの岩瀬を筆頭とする盤石なリリーフ陣がいたからです。他球団に比べて打線の破壊力という点でやや見劣りする中日はやはり、広い本拠地を背景に投手を中心とした守りでしぶとく勝ちを拾っていかなければいけない。昨年に比べて粘り、しぶとさが出てきたのは確かですし、この日、中10日で先発して7回無失点だったエース吉見、リリーフの浅尾、田島が復活を果たしたのは大きい。とはいえ、今のリリーフ陣にはまだ、以前ほどの安心感はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る