サヨナラ勝ちで首位浮上の中日に「リリーフ陣不安」の声

公開日:  更新日:

 開幕前、専門家の間では最下位予想が少なくなかった。12日に今季早くも3度目のサヨナラ勝ちでDeNAを下した中日は、その下馬評を覆すように9勝6敗で首位浮上。試合後の谷繁監督のコメントにも手応えがにじみ出てきた。

「1試合ごとに粘りが出ている。次からもこれを続けていきたい」

 ただし、評論家の橋本清氏はこう言う。

「ここまでの戦いを見ると、中日は1点差試合で4勝4敗。この勝率が上がってきて初めて、他球団は中日に対して怖さを感じると思います。落合監督時代から中日はとにかく接戦に強かった。抑えの岩瀬を筆頭とする盤石なリリーフ陣がいたからです。他球団に比べて打線の破壊力という点でやや見劣りする中日はやはり、広い本拠地を背景に投手を中心とした守りでしぶとく勝ちを拾っていかなければいけない。昨年に比べて粘り、しぶとさが出てきたのは確かですし、この日、中10日で先発して7回無失点だったエース吉見、リリーフの浅尾、田島が復活を果たしたのは大きい。とはいえ、今のリリーフ陣にはまだ、以前ほどの安心感はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る