日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日・和田が心境を吐露「ふと引退のことを考えるように…」

【連載コラム: 橋本清の取りたて直送便 本音を聞きたい】

「ひょっとしたら、沖縄に来るのも今年で最後かなぁとか、そんなことを考えるようにはなりましたよね」

 プロ19年目の中日・和田は今年6月で43歳。あと15本に迫っている2000安打の大記録が、逆に和田を感傷的にさせているのかもしれません。元日本ハムの稲葉は2000安打の2年後、元ヤクルトの宮本も記録達成の翌年にユニホームを脱ぎました。

「2年前くらいまでは、他球団の選手の引退を見ても、まったくの他人事というか、自分に置き換えて意識することはなかった。でも、去年あたりから少しずつ考えるようになりました。ふと引退とか引退後のことが頭をよぎるというか。本当にそろそろかな、いよいよかな、と意識するのが開幕してからなのか、2000本を打ったときなのかはわかりませんが、こうやってキャンプをやってても、来年、ここに自分がいるのかなぁと考えることがありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事