中日・和田が心境を吐露「ふと引退のことを考えるように…」

公開日: 更新日:

【連載コラム: 橋本清の取りたて直送便 本音を聞きたい】

「ひょっとしたら、沖縄に来るのも今年で最後かなぁとか、そんなことを考えるようにはなりましたよね」

 プロ19年目の中日・和田は今年6月で43歳。あと15本に迫っている2000安打の大記録が、逆に和田を感傷的にさせているのかもしれません。元日本ハムの稲葉は2000安打の2年後、元ヤクルトの宮本も記録達成の翌年にユニホームを脱ぎました。

「2年前くらいまでは、他球団の選手の引退を見ても、まったくの他人事というか、自分に置き換えて意識することはなかった。でも、去年あたりから少しずつ考えるようになりました。ふと引退とか引退後のことが頭をよぎるというか。本当にそろそろかな、いよいよかな、と意識するのが開幕してからなのか、2000本を打ったときなのかはわかりませんが、こうやってキャンプをやってても、来年、ここに自分がいるのかなぁと考えることがありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る