中日・和田が心境を吐露「ふと引退のことを考えるように…」

公開日: 更新日:

【連載コラム: 橋本清の取りたて直送便 本音を聞きたい】

「ひょっとしたら、沖縄に来るのも今年で最後かなぁとか、そんなことを考えるようにはなりましたよね」

 プロ19年目の中日・和田は今年6月で43歳。あと15本に迫っている2000安打の大記録が、逆に和田を感傷的にさせているのかもしれません。元日本ハムの稲葉は2000安打の2年後、元ヤクルトの宮本も記録達成の翌年にユニホームを脱ぎました。

「2年前くらいまでは、他球団の選手の引退を見ても、まったくの他人事というか、自分に置き換えて意識することはなかった。でも、去年あたりから少しずつ考えるようになりました。ふと引退とか引退後のことが頭をよぎるというか。本当にそろそろかな、いよいよかな、と意識するのが開幕してからなのか、2000本を打ったときなのかはわかりませんが、こうやってキャンプをやってても、来年、ここに自分がいるのかなぁと考えることがありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る