打線沈黙、拙い継投…巨人から貯金狙うDeNAには“痛い1敗”

公開日: 更新日:

「六回に攻撃の流れをつくれなかったのがすべて。反省ばかり。私の責任です」

 15日の巨人戦で完封負けを喫したDeNAの中畑監督がうなだれた。仕掛けた作戦が裏目に出たこともあってか、出てくるのは反省の言葉ばかり。試合後も早々に球場を後にした。

 敗因のひとつは、開幕から好調を維持していた打線の沈黙だ。六回無死一、二塁の先制の好機でベンチは梶谷に強行を指示。三振に倒れると、続く筒香、ロペスも凡退で無得点に終わった。

 七回には、好投していた先発のモスコーソが2死一、二塁のピンチを招く。すでに123球を投じてバテ気味だった助っ人右腕を続投させると、昨季までDeNAに在籍していた金城に3ランを浴びて、「恩返し」された。

■今季も対巨人勝ち越しに気合入るも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る