打線沈黙、拙い継投…巨人から貯金狙うDeNAには“痛い1敗”

公開日: 更新日:

「六回に攻撃の流れをつくれなかったのがすべて。反省ばかり。私の責任です」

 15日の巨人戦で完封負けを喫したDeNAの中畑監督がうなだれた。仕掛けた作戦が裏目に出たこともあってか、出てくるのは反省の言葉ばかり。試合後も早々に球場を後にした。

 敗因のひとつは、開幕から好調を維持していた打線の沈黙だ。六回無死一、二塁の先制の好機でベンチは梶谷に強行を指示。三振に倒れると、続く筒香、ロペスも凡退で無得点に終わった。

 七回には、好投していた先発のモスコーソが2死一、二塁のピンチを招く。すでに123球を投じてバテ気味だった助っ人右腕を続投させると、昨季までDeNAに在籍していた金城に3ランを浴びて、「恩返し」された。

■今季も対巨人勝ち越しに気合入るも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

もっと見る