• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

驚異的回復のダルにオススメ 「ピアノ」はリハビリに効果大

 右肘靱帯損傷でトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が驚異的な回復を見せている。

 肘にメスを入れてから明日(現地時間17日)でちょうど1カ月が経過。現在は本拠地アーリントン市内の病院や球場でリハビリに励んでおり、肘の屈伸に加えて、すでに肩周辺のトレーニングも開始。患部に負荷をかけたトレーニングを行うなど、リハビリの進行の早さにナインも目を丸くしているそうだ。

 自身のツイッターでリハビリメニューを募るなど、約1年後の復帰を目指して貪欲な姿勢を見せている。ダルは「やらないけど、ピアノもいいと思う」とも。楽器を使ったリハビリには消極的だが、実は効果が期待できる。

■楽器演奏は気分転換にも

 ピアノを使ったリハビリは肘にメスを入れた多くの投手が取り入れており、最近のケースでは9日のナショナルズ戦で復帰勝利を挙げたメッツの右腕ハービー(26)もそのひとり。通常のリハビリメニューと並行してピアノ演奏も取り入れ、指や肘の柔軟性を回復、患部の強化に務めた。イチローの同僚で今年8月の復帰が見込まれるマーリンズのエース右腕、ホセ・フェルナンデス(22)も現在はハービー同様、楽器を使ったリハビリに励んでいるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る