驚異的回復のダルにオススメ 「ピアノ」はリハビリに効果大

公開日: 更新日:

 右肘靱帯損傷でトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が驚異的な回復を見せている。

 肘にメスを入れてから明日(現地時間17日)でちょうど1カ月が経過。現在は本拠地アーリントン市内の病院や球場でリハビリに励んでおり、肘の屈伸に加えて、すでに肩周辺のトレーニングも開始。患部に負荷をかけたトレーニングを行うなど、リハビリの進行の早さにナインも目を丸くしているそうだ。

 自身のツイッターでリハビリメニューを募るなど、約1年後の復帰を目指して貪欲な姿勢を見せている。ダルは「やらないけど、ピアノもいいと思う」とも。楽器を使ったリハビリには消極的だが、実は効果が期待できる。

■楽器演奏は気分転換にも

 ピアノを使ったリハビリは肘にメスを入れた多くの投手が取り入れており、最近のケースでは9日のナショナルズ戦で復帰勝利を挙げたメッツの右腕ハービー(26)もそのひとり。通常のリハビリメニューと並行してピアノ演奏も取り入れ、指や肘の柔軟性を回復、患部の強化に務めた。イチローの同僚で今年8月の復帰が見込まれるマーリンズのエース右腕、ホセ・フェルナンデス(22)も現在はハービー同様、楽器を使ったリハビリに励んでいるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る