マー君も昨季経験 今季絶望のダルに課せられる“重要任務”

公開日:  更新日:

 右肘のトミー・ジョン(腱の修復)手術を受けたレンジャーズ・ダルビッシュ有(28)が今季は「セールスマン」を務めるという。

 術後のリハビリは予定通りにこなしており、8日に更新した自身のツイッターで「手術してから約3週間経ちましたが、今のところかなり順調に来ています。(肘の)曲げ伸ばしもだいぶ可動域が出てきています」と経過を報告した。

 今季中の復帰は絶望的とはいえ、今やチームの顔。リハビリだけに専念できるわけではない。シーズン中はファンサービスに駆り出されるからだ。

 エースの故障というアクシデントを想定していなかった今季のレンジャーズは、早々とダルを使ったさまざまなプロモーション活動を予定した。8、9月には先着15000人にグッズが配布されるなど「ダル・デー」が設けられており、手術をしても予定に変更はない。中でも、9月29日のタイガース戦では新たに作成したダル人形の配布が決まっており、これらで球団は集客増を見込んでいる。当日に本人不在ではファンに格好がつかない。球団は患部の大幅な回復が見込まれる8、9月にもグッズを配布するなど、ファンと直接、触れあうさまざまな機会を設けることを検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る