イチロー「2番左翼」で先発も4タコ 再びベンチ生活の可能性

公開日:  更新日:

 主力の欠場で巡ってきたチャンスを生かせなかった。

 マーリンズ・イチロー(41)が15日(日本時間16日)のブレーブス戦に「2番・左翼」で先発出場。背筋を痛めた正左翼手イエリッチに代わって2戦連続でスタメンに名を連ねたが、4打数無安打1三振に終わった。

 一回は、相手の先発左腕スタルツからフルカウントまで粘りながら最後は低めの変化球に空振り三振。2点を先制した三回1死二塁の場面では中飛に倒れて好機を潰した。チームの今季初の連勝には貢献できなかった。

 試合後のイチローは終始、ぶぜんとした表情。2月のキャンプ中から報道陣に愛想良く振る舞ってきたが、無言で球場を後にした。

 レドモンド監督は地元メディアから今後の左翼の起用法について問われると「(イエリッチの)明日の状態を見てから決めることになる」と、主力の回復次第ではイチローを再びベンチに戻すことを示唆した。

 週明けからは大型連戦が組まれているものの、イチローはベンチ待機を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る