イチロー「2番左翼」で先発も4タコ 再びベンチ生活の可能性

公開日: 更新日:

 主力の欠場で巡ってきたチャンスを生かせなかった。

 マーリンズ・イチロー(41)が15日(日本時間16日)のブレーブス戦に「2番・左翼」で先発出場。背筋を痛めた正左翼手イエリッチに代わって2戦連続でスタメンに名を連ねたが、4打数無安打1三振に終わった。

 一回は、相手の先発左腕スタルツからフルカウントまで粘りながら最後は低めの変化球に空振り三振。2点を先制した三回1死二塁の場面では中飛に倒れて好機を潰した。チームの今季初の連勝には貢献できなかった。

 試合後のイチローは終始、ぶぜんとした表情。2月のキャンプ中から報道陣に愛想良く振る舞ってきたが、無言で球場を後にした。

 レドモンド監督は地元メディアから今後の左翼の起用法について問われると「(イエリッチの)明日の状態を見てから決めることになる」と、主力の回復次第ではイチローを再びベンチに戻すことを示唆した。

 週明けからは大型連戦が組まれているものの、イチローはベンチ待機を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る