イチロー「2番左翼」で先発も4タコ 再びベンチ生活の可能性

公開日:  更新日:

 主力の欠場で巡ってきたチャンスを生かせなかった。

 マーリンズ・イチロー(41)が15日(日本時間16日)のブレーブス戦に「2番・左翼」で先発出場。背筋を痛めた正左翼手イエリッチに代わって2戦連続でスタメンに名を連ねたが、4打数無安打1三振に終わった。

 一回は、相手の先発左腕スタルツからフルカウントまで粘りながら最後は低めの変化球に空振り三振。2点を先制した三回1死二塁の場面では中飛に倒れて好機を潰した。チームの今季初の連勝には貢献できなかった。

 試合後のイチローは終始、ぶぜんとした表情。2月のキャンプ中から報道陣に愛想良く振る舞ってきたが、無言で球場を後にした。

 レドモンド監督は地元メディアから今後の左翼の起用法について問われると「(イエリッチの)明日の状態を見てから決めることになる」と、主力の回復次第ではイチローを再びベンチに戻すことを示唆した。

 週明けからは大型連戦が組まれているものの、イチローはベンチ待機を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る