弱肩捕手に刺され盗塁死のイチロー 気になる「走力」の衰え

公開日:  更新日:

 ベテラン外野手が試行錯誤を繰り返している。

 マーリンズ・イチロー(41)が15日(日本時間16日)のタイガース戦に「7番・DH」でスタメン出場し3打数1安打。六回に2番手の救援左腕ハーディーから中前打を放ち、2戦ぶりにバットから快音が響いたが、足ではアピールに失敗した。

 その六回に次打者マシスの打席で、二盗を試みたが刺され、今季オープン戦初の盗塁死。好機を演出できなかった。

 もっとも、この日は新スパイクの感触を確かめるために二盗を試みたそうで、好スタートを切りながらも最後は足がベースに届かなかった。

 今季は筋肉の緊張を緩め、進行方向に体重移動が容易なスパイクを履いているが、慣れるまでしばらく時間がかかりそう。

 今季オープン戦では持ち前の強肩を披露するなど、守備ではアピールを続けているイチロー。今季は代走での起用も増えそうだが、レドモンド監督は盗塁のサインを出すのをためらうのではないか。

 元中日でオリオールズの台湾人左腕チェンはパイレーツ戦に登板し、3回3分の1を7安打2失点だった。

▽イチローの話「タイミングはセーフだったけど、なぜか手前で止まっちゃった。盗塁の動きで(スパイクが)どうなるのか(確かめたかった)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る