弱肩捕手に刺され盗塁死のイチロー 気になる「走力」の衰え

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手が試行錯誤を繰り返している。

 マーリンズ・イチロー(41)が15日(日本時間16日)のタイガース戦に「7番・DH」でスタメン出場し3打数1安打。六回に2番手の救援左腕ハーディーから中前打を放ち、2戦ぶりにバットから快音が響いたが、足ではアピールに失敗した。

 その六回に次打者マシスの打席で、二盗を試みたが刺され、今季オープン戦初の盗塁死。好機を演出できなかった。

 もっとも、この日は新スパイクの感触を確かめるために二盗を試みたそうで、好スタートを切りながらも最後は足がベースに届かなかった。

 今季は筋肉の緊張を緩め、進行方向に体重移動が容易なスパイクを履いているが、慣れるまでしばらく時間がかかりそう。

 今季オープン戦では持ち前の強肩を披露するなど、守備ではアピールを続けているイチロー。今季は代走での起用も増えそうだが、レドモンド監督は盗塁のサインを出すのをためらうのではないか。

 元中日でオリオールズの台湾人左腕チェンはパイレーツ戦に登板し、3回3分の1を7安打2失点だった。

▽イチローの話「タイミングはセーフだったけど、なぜか手前で止まっちゃった。盗塁の動きで(スパイクが)どうなるのか(確かめたかった)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る