代打では快音なし…イチローは守備走塁要員へ“格下げ”危機

公開日: 更新日:

 この調子では3000本安打到達はもちろん、代打要員としての地位も危うい。

 マーリンズのイチロー(41)は、14日(日本時間15日)のブレーブス戦に主力のイエリッチが背中の張りを訴えたため「2番・左翼」で先発出場。4打数1安打、1四球、2得点だった。快音なしで迎えた八回の第5打席。4番手左腕から三塁への内野安打を放ったが、四回の1死二塁の好機では遊ゴロに倒れた。

 ここまで開幕から8戦連続出場しているものの12打数3安打、2四球の打率2割5分。代打では6試合でわずか1安打。8日のブレーブス戦で記録したバント安打のみだ。

 今季は4人目の外野手の位置付けながら、守備に就いたのはスタメン出場した2戦だけ。ここまでは、もっぱら投手の代打として打席に立ち、そのままベンチに退いている。レドモンド監督は開幕前に「イチローは(得点)チャンスを作り出してくれるだろう」と、かつての安打製造機に期待を寄せたが、現時点では好機すら演出できないでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る