広島マエケンに援護なし 「投手陣に焦り出る」と元コーチ懸念

公開日: 更新日:

 また“見殺し”だった。22日の巨人戦に広島前田健太(27)が先発。7回1失点に抑えながらも打線の援護なく、0-1で敗れて負け投手となった。

 マエケンは「先発投手は負けがついたら先発投手の責任」と言ったが、これで今季は1勝2敗。防御率1.50の好成績も勝ちに見放されている。先発した5試合の援護点は「2点、2点、1点、0点、0点」。平均1点だから、完封する以外に白星がつかない計算になる。昨年まで広島の一軍投手コーチを務めた評論家の山内泰幸氏が言う。

「強いて言うと、開幕戦は先制点を献上、2戦目は得点直後に失点するなど点の取られ方が良くない。状態が良い時はゆったりしたフォームからコントロールで勝負できていたが、昨季からストレートの球速アップを意識していて、球速が上がった半面、上半身に力が入っている印象で、勝負どころで右打者の外角、左打者の内角への球がシュート回転し、甘くなったところを打たれている。ただ、それにしても今季はチームが貧打に喘いでいることもあり、援護が少ない。投手の立場とすれば、1点も取られたくないと考えながら投げるのは精神的につらく、ストレスがたまる。気持ちに焦りも出てくる。マエケンとしては我慢のしどころだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  10. 10

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る