広島マエケンに援護なし 「投手陣に焦り出る」と元コーチ懸念

公開日:  更新日:

 また“見殺し”だった。22日の巨人戦に広島の前田健太(27)が先発。7回1失点に抑えながらも打線の援護なく、0-1で敗れて負け投手となった。

 マエケンは「先発投手は負けがついたら先発投手の責任」と言ったが、これで今季は1勝2敗。防御率1.50の好成績も勝ちに見放されている。先発した5試合の援護点は「2点、2点、1点、0点、0点」。平均1点だから、完封する以外に白星がつかない計算になる。昨年まで広島の一軍投手コーチを務めた評論家の山内泰幸氏が言う。

「強いて言うと、開幕戦は先制点を献上、2戦目は得点直後に失点するなど点の取られ方が良くない。状態が良い時はゆったりしたフォームからコントロールで勝負できていたが、昨季からストレートの球速アップを意識していて、球速が上がった半面、上半身に力が入っている印象で、勝負どころで右打者の外角、左打者の内角への球がシュート回転し、甘くなったところを打たれている。ただ、それにしても今季はチームが貧打に喘いでいることもあり、援護が少ない。投手の立場とすれば、1点も取られたくないと考えながら投げるのは精神的につらく、ストレスがたまる。気持ちに焦りも出てくる。マエケンとしては我慢のしどころだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る