巨人の営業に痛手…広島黒田と真夏まで“対戦なし”の可能性

公開日: 更新日:

 インフルエンザで5試合離脱し、21日の広島戦(前橋)から復帰する原辰徳監督(56)と巨人の営業サイドがガッカリしているという。

 メジャーリーグから8年ぶりに古巣・広島に復帰し、フィーバーを巻き起こしている黒田博樹(40)のことである。

 原監督はオフに「球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくるから要注意。強敵です」とやたらとテンションが高かった。渡米前は巨人キラー。海を渡る直前の07年まで巨人は、黒田に通算17勝20敗。最後の4年間は3勝13敗と一方的にやられた。だから原監督はキャンプからスコアラーを張り付かせ、丸裸にするよう指示も出していた。ファンの注目を一身に集める黒田を巨人打線が叩いてやろうじゃないかと手ぐすね引いていたが、フタを開けてみれば、対戦が夏までないかもしれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る