巨人の営業に痛手…広島黒田と真夏まで“対戦なし”の可能性

公開日:  更新日:

 インフルエンザで5試合離脱し、21日の広島戦(前橋)から復帰する原辰徳監督(56)と巨人の営業サイドがガッカリしているという。

 メジャーリーグから8年ぶりに古巣・広島に復帰し、フィーバーを巻き起こしている黒田博樹(40)のことである。

 原監督はオフに「球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくるから要注意。強敵です」とやたらとテンションが高かった。渡米前は巨人キラー。海を渡る直前の07年まで巨人は、黒田に通算17勝20敗。最後の4年間は3勝13敗と一方的にやられた。だから原監督はキャンプからスコアラーを張り付かせ、丸裸にするよう指示も出していた。ファンの注目を一身に集める黒田を巨人打線が叩いてやろうじゃないかと手ぐすね引いていたが、フタを開けてみれば、対戦が夏までないかもしれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る