巨人の営業に痛手…広島黒田と真夏まで“対戦なし”の可能性

公開日:  更新日:

 インフルエンザで5試合離脱し、21日の広島戦(前橋)から復帰する原辰徳監督(56)と巨人の営業サイドがガッカリしているという。

 メジャーリーグから8年ぶりに古巣・広島に復帰し、フィーバーを巻き起こしている黒田博樹(40)のことである。

 原監督はオフに「球界はもちろん、カープ全体もかなり平熱が上がる。いい沸騰状態で臨んでくるから要注意。強敵です」とやたらとテンションが高かった。渡米前は巨人キラー。海を渡る直前の07年まで巨人は、黒田に通算17勝20敗。最後の4年間は3勝13敗と一方的にやられた。だから原監督はキャンプからスコアラーを張り付かせ、丸裸にするよう指示も出していた。ファンの注目を一身に集める黒田を巨人打線が叩いてやろうじゃないかと手ぐすね引いていたが、フタを開けてみれば、対戦が夏までないかもしれないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る