東京五輪に「大リーガー派遣」前向き MLBが態度軟化の思惑

公開日:  更新日:

 大リーガーの五輪出場に一歩前進なのかどうか。

 MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは23日(日本時間24日)、米メディアの取材に2020年の東京五輪で追加種目として野球が実施された場合、大リーガーの出場を検討すると示唆した。

 MLBではセリグ前コミッショナー時代から五輪には非協力的な姿勢を貫いてきた。今年1月に就任した新コミッショナーも前任者の方針を踏襲すると、かたくなな姿勢を崩さなかったが、ここにきて態度を軟化させた。

 マンフレッド・コミッショナーは「(大リーガーを)五輪に派遣するのは日程的に厳しい」としながらも「日本のように野球人気がある国で開催される五輪には関心を持っている」と前向きとも取れる発言をした。

 もっとも、MLBは国際オリンピック委員会(IOC)も顔負けの拝金主義だ。稼ぎ時の夏場にシーズンを中断するとは考えにくいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る