東京五輪に「大リーガー派遣」前向き MLBが態度軟化の思惑

公開日:  更新日:

 大リーガーの五輪出場に一歩前進なのかどうか。

 MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは23日(日本時間24日)、米メディアの取材に2020年の東京五輪で追加種目として野球が実施された場合、大リーガーの出場を検討すると示唆した。

 MLBではセリグ前コミッショナー時代から五輪には非協力的な姿勢を貫いてきた。今年1月に就任した新コミッショナーも前任者の方針を踏襲すると、かたくなな姿勢を崩さなかったが、ここにきて態度を軟化させた。

 マンフレッド・コミッショナーは「(大リーガーを)五輪に派遣するのは日程的に厳しい」としながらも「日本のように野球人気がある国で開催される五輪には関心を持っている」と前向きとも取れる発言をした。

 もっとも、MLBは国際オリンピック委員会(IOC)も顔負けの拝金主義だ。稼ぎ時の夏場にシーズンを中断するとは考えにくいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る