東京五輪に「大リーガー派遣」前向き MLBが態度軟化の思惑

公開日: 更新日:

 大リーガーの五輪出場に一歩前進なのかどうか。

 MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは23日(日本時間24日)、米メディアの取材に2020年の東京五輪で追加種目として野球が実施された場合、大リーガーの出場を検討すると示唆した。

 MLBではセリグ前コミッショナー時代から五輪には非協力的な姿勢を貫いてきた。今年1月に就任した新コミッショナーも前任者の方針を踏襲すると、かたくなな姿勢を崩さなかったが、ここにきて態度を軟化させた。

 マンフレッド・コミッショナーは「(大リーガーを)五輪に派遣するのは日程的に厳しい」としながらも「日本のように野球人気がある国で開催される五輪には関心を持っている」と前向きとも取れる発言をした。

 もっとも、MLBは国際オリンピック委員会(IOC)も顔負けの拝金主義だ。稼ぎ時の夏場にシーズンを中断するとは考えにくいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    軍が守るのは国民ではないと教えるドキュメンタリー映画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る