• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

26年ぶり開幕5連勝の日ハム大谷 “つけ入る隙”は捕手にあり

 将を射んと欲すればまず馬を射よ、だ。

 日本ハムの大谷(20)が26日のオリックス戦に先発し、球団としては89年の西崎以来となる26年ぶりの開幕5戦5勝を達成した。右足がつって5イニングしか投げられなかったとはいえ、2安打無四球。弱点だった立ち上がりも一、二回を3者凡退に抑えるなど、修正力の高さを見せた。

 ハーラートップの5勝に、リーグ2位の防御率0.80。この日はオリックス打線がファーストストライクを積極的に狙ったこともあり、5回で投じた球数は59球。相手の作戦すら逆手に取っていた。

 お立ち台では「登板する試合は全部勝つつもりでいます」と言った大谷。他球団としてもこのままやられっぱなしではいられない。とすれば、狙うべきは「女房役」の近藤(21)ではないか。

 近藤は昨季、送球イップスに陥り、三塁にコンバートされた。大野、市川の故障で今季から捕手復帰したものの、欠点が完治したわけではない。二塁への送球が大きくそれることはしばしば。三塁にボールを投げたつもりが、三遊間を抜けて左翼手の前まで転がって失点したこともある。2失策は捕手のリーグワーストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る