26年ぶり開幕5連勝の日ハム大谷 “つけ入る隙”は捕手にあり

公開日:  更新日:

 将を射んと欲すればまず馬を射よ、だ。

 日本ハムの大谷(20)が26日のオリックス戦に先発し、球団としては89年の西崎以来となる26年ぶりの開幕5戦5勝を達成した。右足がつって5イニングしか投げられなかったとはいえ、2安打無四球。弱点だった立ち上がりも一、二回を3者凡退に抑えるなど、修正力の高さを見せた。

 ハーラートップの5勝に、リーグ2位の防御率0.80。この日はオリックス打線がファーストストライクを積極的に狙ったこともあり、5回で投じた球数は59球。相手の作戦すら逆手に取っていた。

 お立ち台では「登板する試合は全部勝つつもりでいます」と言った大谷。他球団としてもこのままやられっぱなしではいられない。とすれば、狙うべきは「女房役」の近藤(21)ではないか。

 近藤は昨季、送球イップスに陥り、三塁にコンバートされた。大野、市川の故障で今季から捕手復帰したものの、欠点が完治したわけではない。二塁への送球が大きくそれることはしばしば。三塁にボールを投げたつもりが、三遊間を抜けて左翼手の前まで転がって失点したこともある。2失策は捕手のリーグワーストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る