無傷4連勝の日ハム大谷 攻略の糸口は「立ち上がり」にあり

公開日: 更新日:

「チームの勝利のために1イニングでも多く投げたかった。要所要所でバックの守備にも助けられました」

 日本ハムの3年目・大谷翔平(20)が、19日の楽天戦で自身3度目の完封勝利。開幕から無傷の4連勝でチームの連敗を2で止め、試合後にこう語った。

 これで4日の対オリックス戦から22回連続無失点中。防御率は0.94となり、リーグ3位に浮上した。4勝と33奪三振はいずれもリーグトップだ。

 いまや押しも押されもせぬエース格とはいえ、相手球団に付け入る隙がないわけじゃない。試合後の本人が「いつもハラハラで申し訳ない」と自戒を込めて振り返った「立ち上がり」だ。

 今季はここまで4試合で3失点。そのうち2点は初回、1点は二回に失ったもの。昨季の計50失点のうち、最も多いのが初回の12点。二回に9点、三回にも6点取られていて、三回までに計27失点。失点の半分以上が序盤なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る