登板翌日は1勝4敗…最下位脱出失敗の広島は“黒田病”深刻

公開日:  更新日:

 それは単なる偶然なのか。

 広島は26日、阪神先発能見の前に散発6安打の完封負け。今季4度目の無得点で最下位脱出に失敗した。

 前日は2ケタ得点と珍しく打線が爆発。不調だった黒田に3勝目をプレゼントしたものの、この日は三塁さえ踏めず、見せ場なく敗れた。

 今季の広島は黒田が投げた次の試合は1勝4敗とよく負ける。「それが問題なんだよ」と、ある広島OBがこう語る。

「黒田が先発した試合は、何とか白星をつけさせようと野手は必死なんだよ。『もしも自分の失策で白星を消したら、ファンに袋叩きにされますよ』と真顔で言う者もいるからね。実際、5月を前に3勝しているんだが、黒田が投げた次の試合を見ると、そこそこ点は取っても終盤に加点できない。でも、この日はついに零敗。黒田の登板試合で野手はヘトヘトになるというわけでもないとは思うが、このパターンが続くと連勝できないから苦しいな」

 黒田の勝星が増えても、チームがBクラスでは意味がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る