登板翌日は1勝4敗…最下位脱出失敗の広島は“黒田病”深刻

公開日:  更新日:

 それは単なる偶然なのか。

 広島は26日、阪神先発能見の前に散発6安打の完封負け。今季4度目の無得点で最下位脱出に失敗した。

 前日は2ケタ得点と珍しく打線が爆発。不調だった黒田に3勝目をプレゼントしたものの、この日は三塁さえ踏めず、見せ場なく敗れた。

 今季の広島は黒田が投げた次の試合は1勝4敗とよく負ける。「それが問題なんだよ」と、ある広島OBがこう語る。

「黒田が先発した試合は、何とか白星をつけさせようと野手は必死なんだよ。『もしも自分の失策で白星を消したら、ファンに袋叩きにされますよ』と真顔で言う者もいるからね。実際、5月を前に3勝しているんだが、黒田が投げた次の試合を見ると、そこそこ点は取っても終盤に加点できない。でも、この日はついに零敗。黒田の登板試合で野手はヘトヘトになるというわけでもないとは思うが、このパターンが続くと連勝できないから苦しいな」

 黒田の勝星が増えても、チームがBクラスでは意味がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る