開幕4連勝の巨人・高木勇 凡打の山築いた2種類の“魔球”

公開日:  更新日:

 巨人の高木勇人(25)が球団の新人では07年の金刃(現楽天)以来、8年ぶりの開幕4連勝を飾った。26日のヤクルト戦で7回3安打1失点の好投。リーグ単独トップの4勝目を挙げ、新人ながら月間MVPも見えてきた。

「素直にうれしいけど、野手の皆さんに打ってもらって何とか勝てているんで」と謙虚。防御率は1.50。抜群の安定感でチームを引っ張っている。

 武器は大きく横に滑るカットボール。春季キャンプ中に「あれは独特」と驚いた原監督が「高木ボール」と命名した。曲がり方は「カットボールとスライダーの中間」とは捕手の加藤。曲がりが大き過ぎず、小さ過ぎずがミソ。社会人4年目に習得したという“魔球”だが、高木ボールは実はこれだけではない。2種類あるというのだ。

「高木には『縦のカットボール』もあるんです。試合でも投げていて、本人も隠しているわけではないんだけど、原監督やマスコミが盛んに『横滑り』と言うもんだから、他球団は当然、それを意識する。高木はそれを利用というか、逆手に取っている。宝刀の横カットを使いながら、勝負どころでは縦カットとフォーク、逆の変化でもあるシュートと右打者の内角へ直球を投げ込んでいる。ほんわかとして、いかにも人が良さそうな顔をしているけど、ドラフトで5度も指名漏れを経験した社会人出身の苦労人。その辺の新人とは違います」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る