菅野“当確”に巨人OB異論 「開幕投手はルーキー高木」の声

公開日: 更新日:

 開幕、間に合った!

 スポーツ紙はそう書いている。12日のソフトバンク戦に先発した巨人の菅野智之(25)が5回を2失点。先月28日の前回登板でヤクルト打線に3回6安打3失点と打ち込まれ、原監督から「1人だらしないヤツがいるからさ」と再調整を命じられたが、この日の投球で、白紙とされていた開幕投手も「当確!!」だと騒ぐのだ。

 松中に2ランを浴びたものの、打たれた安打はその1本だけ。前回登板で140キロ前後と精彩を欠いた直球もこの日はMAX145キロを記録するなど復調を感じさせたのは確かだが、他球団スコアラーはこう言った。

「まだ少し抜ける球が多かったですよね。シュート回転があったのも、まだちょっと左肩の開きが早いからでしょう。3四死球でそのうち2度は先頭打者に与えたのもらしくないといえばらしくない。ここからどこまで状態を上げてくるか。完全復調というのは、それからじゃないですかね。昨年は右ヒジ靱帯損傷でシーズン終盤に離脱してますし、ダルビッシュのことも頭をよぎるだろうから、首脳陣も無理はさせられないんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る