菅野“当確”に巨人OB異論 「開幕投手はルーキー高木」の声

公開日: 更新日:

 開幕、間に合った!

 スポーツ紙はそう書いている。12日のソフトバンク戦に先発した巨人菅野智之(25)が5回を2失点。先月28日の前回登板でヤクルト打線に3回6安打3失点と打ち込まれ、原監督から「1人だらしないヤツがいるからさ」と再調整を命じられたが、この日の投球で、白紙とされていた開幕投手も「当確!!」だと騒ぐのだ。

 松中に2ランを浴びたものの、打たれた安打はその1本だけ。前回登板で140キロ前後と精彩を欠いた直球もこの日はMAX145キロを記録するなど復調を感じさせたのは確かだが、他球団スコアラーはこう言った。

「まだ少し抜ける球が多かったですよね。シュート回転があったのも、まだちょっと左肩の開きが早いからでしょう。3四死球でそのうち2度は先頭打者に与えたのもらしくないといえばらしくない。ここからどこまで状態を上げてくるか。完全復調というのは、それからじゃないですかね。昨年は右ヒジ靱帯損傷でシーズン終盤に離脱してますし、ダルビッシュのことも頭をよぎるだろうから、首脳陣も無理はさせられないんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る