菅野“当確”に巨人OB異論 「開幕投手はルーキー高木」の声

公開日:  更新日:

 開幕、間に合った!

 スポーツ紙はそう書いている。12日のソフトバンク戦に先発した巨人の菅野智之(25)が5回を2失点。先月28日の前回登板でヤクルト打線に3回6安打3失点と打ち込まれ、原監督から「1人だらしないヤツがいるからさ」と再調整を命じられたが、この日の投球で、白紙とされていた開幕投手も「当確!!」だと騒ぐのだ。

 松中に2ランを浴びたものの、打たれた安打はその1本だけ。前回登板で140キロ前後と精彩を欠いた直球もこの日はMAX145キロを記録するなど復調を感じさせたのは確かだが、他球団スコアラーはこう言った。

「まだ少し抜ける球が多かったですよね。シュート回転があったのも、まだちょっと左肩の開きが早いからでしょう。3四死球でそのうち2度は先頭打者に与えたのもらしくないといえばらしくない。ここからどこまで状態を上げてくるか。完全復調というのは、それからじゃないですかね。昨年は右ヒジ靱帯損傷でシーズン終盤に離脱してますし、ダルビッシュのことも頭をよぎるだろうから、首脳陣も無理はさせられないんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る