巨人ドラフト“隠し玉”は「指名待ち6度」の社会人・高木勇人

公開日:  更新日:

 巨人の“隠し玉”が発覚した。23日のドラフト会議の指名候補に、三菱重工名古屋の高木勇人(25)を即戦力投手としてリストアップ。21日にスカウト会議を行い、指名を確認したもようだ。

 1位は早大の有原回避が濃厚。とはいえ、原監督とすれば即戦力投手も欲しい。そこで2位以下で獲得したいのが、この最速153キロ右腕だ。

 三重・海星高から入社して7年目。無念の指名漏れを経験した高校時代と合わせると、何と6度目のドラフトを待つという変わり種だ。「永遠のドラフト候補」の異名を持つ。球威はあるものの制球が悪く、毎年のように指名を見送られてきた。それが、今年に入って大きく改善されたという。

■密かに阪神もマーク

 これまでは主にリリーフだったが、6月の都市対抗東海地区2次予選では、最後の第7代表決定戦で先発。ヤマハを4安打完封した。本大会では救援で3回3分の1を8奪三振。急成長を遂げた姿を、巨人の山下スカウト部長は高く評価しているという。球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る