• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球・ソフトも鉄板にあらず 東京五輪追加種目は“五里霧中”

 20年東京五輪の追加種目の選定は一筋縄ではいきそうにない。

 27日、東京五輪組織委員会は種目追加検討会議を行い、候補となるのは国際オリンピック委員会(IOC)の承認を受けた国際団体(IF)の競技とすることなどを確認した。今後は6月7日のIOC理事会(スイス・ローザンヌ)で決定する評価基準に沿って7月にもヒアリングなどを行い、9月までに候補種目の選定に入る。

 具体的な選定方法は決まっていないが、組織委は追加種目の検討にあたって「公正さ」「透明性」を掲げている。IOCが定めた評価基準を満たした競技が多ければ、絞り込みは困難を極めることが予想される。

 昨年12月にIOCが発表した五輪改革「アジェンダ2020」では、「開催都市に種目の提案権を与える」としている。しかし、最終的にはIOCの「さじ加減」がモノをいうかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る