• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球・ソフトも鉄板にあらず 東京五輪追加種目は“五里霧中”

 20年東京五輪の追加種目の選定は一筋縄ではいきそうにない。

 27日、東京五輪組織委員会は種目追加検討会議を行い、候補となるのは国際オリンピック委員会(IOC)の承認を受けた国際団体(IF)の競技とすることなどを確認した。今後は6月7日のIOC理事会(スイス・ローザンヌ)で決定する評価基準に沿って7月にもヒアリングなどを行い、9月までに候補種目の選定に入る。

 具体的な選定方法は決まっていないが、組織委は追加種目の検討にあたって「公正さ」「透明性」を掲げている。IOCが定めた評価基準を満たした競技が多ければ、絞り込みは困難を極めることが予想される。

 昨年12月にIOCが発表した五輪改革「アジェンダ2020」では、「開催都市に種目の提案権を与える」としている。しかし、最終的にはIOCの「さじ加減」がモノをいうかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る