東京五輪「野球復活」に冷や水浴びせる米国とキューバの思惑

公開日:  更新日:

 米国とキューバの急接近が、2020年東京五輪での野球、ソフトボールの復活に大きな影響を与えそうだ。

 21日からキューバの首都ハバナで、米国とキューバが半世紀ぶりの国交正常化を目指して交渉を開始。国交が正常化されることで、野球を五輪種目に加えるうまみがなくなるのはキューバだ。

「キューバにとって野球が五輪種目に加わるのはむしろマイナスでしょう」と、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

「これまでキューバのトップクラスの選手がメジャーで稼ごうと思ったら、亡命するしかありませんでした。けれども、その必要がなくなる。亡命の仲介者に支払う莫大な経費もいらなくなり、メジャー側はキューバの選手に大金を払う必要がなくなるわけです。キューバのトップクラスの選手の多くは、いよいよメジャーに流出するようになります。キューバは野球が五輪でメダルを獲得することを国威発揚の手段として利用してきましたが、それができなくなるわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る