• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪「野球復活」に冷や水浴びせる米国とキューバの思惑

 米国とキューバの急接近が、2020年東京五輪での野球、ソフトボールの復活に大きな影響を与えそうだ。

 21日からキューバの首都ハバナで、米国とキューバが半世紀ぶりの国交正常化を目指して交渉を開始。国交が正常化されることで、野球を五輪種目に加えるうまみがなくなるのはキューバだ。

「キューバにとって野球が五輪種目に加わるのはむしろマイナスでしょう」と、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

「これまでキューバのトップクラスの選手がメジャーで稼ごうと思ったら、亡命するしかありませんでした。けれども、その必要がなくなる。亡命の仲介者に支払う莫大な経費もいらなくなり、メジャー側はキューバの選手に大金を払う必要がなくなるわけです。キューバのトップクラスの選手の多くは、いよいよメジャーに流出するようになります。キューバは野球が五輪でメダルを獲得することを国威発揚の手段として利用してきましたが、それができなくなるわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る