• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪「野球復活」に冷や水浴びせる米国とキューバの思惑

 米国とキューバの急接近が、2020年東京五輪での野球、ソフトボールの復活に大きな影響を与えそうだ。

 21日からキューバの首都ハバナで、米国とキューバが半世紀ぶりの国交正常化を目指して交渉を開始。国交が正常化されることで、野球を五輪種目に加えるうまみがなくなるのはキューバだ。

「キューバにとって野球が五輪種目に加わるのはむしろマイナスでしょう」と、アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏がこう言った。

「これまでキューバのトップクラスの選手がメジャーで稼ごうと思ったら、亡命するしかありませんでした。けれども、その必要がなくなる。亡命の仲介者に支払う莫大な経費もいらなくなり、メジャー側はキューバの選手に大金を払う必要がなくなるわけです。キューバのトップクラスの選手の多くは、いよいよメジャーに流出するようになります。キューバは野球が五輪でメダルを獲得することを国威発揚の手段として利用してきましたが、それができなくなるわけですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る