東京五輪へ「ジュニア育成」拡大も…“競技差別”を指摘する声

公開日:  更新日:

「それでも反発は避けられないでしょうね」

 こう語るのは、ある競技団体の関係者だ。

 日本オリンピック委員会(JOC)は28日の選手強化常任委員会で、有望な中高校生に寄宿制で英才教育を施すエリートアカデミーの対象競技を見直すことを決めた。来年4月からは卓球、レスリング、フェンシング、水泳の飛び込み、ライフル射撃の5競技以外にも門戸を開くという。

 このアカデミーは08年、レスリングと卓球の2競技を対象にスタート。国内最高の施設で指導を受け、語学教育や栄養管理も徹底されており、多くの競技団体がうらやむほどの万全なサポート態勢でエリート教育が行われている。

 後にフェンシング、ライフル射撃、水泳の飛び込みが追加され、今は47人の選手が入校。都内のナショナルトレーニングセンターを拠点に近隣の学校に通いながら毎日、汗を流している。昨年の運営費は約1億円。対象となる競技団体も強化費を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る