• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

クロスハンドでスイングするとアイアンの打ち方が劇的に良くなる

 先週の女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」では、首位から3打差の3位から出た藤田光里が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算7アンダーで逆転優勝。
 6人がトップで並んで迎えた最終18番ホールで、グリーン右奥のエッジからパターでバーディーを決め、ツアー初勝利を飾った。

 最終的に勝負を決めたのはパッティングだが、藤田を含めて優勝争いをした選手に共通していたのはアイアンの正確性。

 舞台となった川奈ホテルGCは砲台グリーンが多く、アイアンの精度が求められる。優勝争いに絡んだ選手は例外なく、アイアンをダウンブロー軌道でビシッと打っていた。

 本題に入ろう。アイアンをダウンブローに打つことは、アマチュアにも必要不可欠な技術である。

 しかしながら、現実はそうは問屋が卸してくれない。多くのアマチュアはボールを上げたくなって、アイアンがすくい打ちになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る