J・スピース流パットの極意 アドレスしたらすぐに打つ

公開日: 更新日:

 今年のマスターズはまさにジョーダン・スピースのワンマンショーだった。初日に64(8アンダー)でトップに立つや、2日目も66(6アンダー)。3日目、最終日も70(2アンダー)と無難にまとめ、トータル18アンダーでホールアウト。初日から首位をずっとキープしたまま初優勝、メジャー初タイトルを手に入れた。2位にはフィル・ミケルソンとジャスティン・ローズの2人が入ったが、その差は4ストロークもあったのだ。

 さて、このスピース。彼の持ち味はいろいろとあるが、ユニークなのがパッティング。ショートパットを打つ時、彼はアドレス後、ボールではなくカップを見たままストロークしている。つまりヘッドアップしたままパットしているのだ。ゴルフの常識から考えれば、これは非常識な打ち方である。

 かなり大胆(非常識)なことをやっているが、目標を見たまま動作を行うというのは理にかなっている。目標に意識を集中することができるし、ボールを凝視しない方が手の動きがスムーズになるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る