J・スピース流パットの極意 アドレスしたらすぐに打つ

公開日:  更新日:

 今年のマスターズはまさにジョーダン・スピースのワンマンショーだった。初日に64(8アンダー)でトップに立つや、2日目も66(6アンダー)。3日目、最終日も70(2アンダー)と無難にまとめ、トータル18アンダーでホールアウト。初日から首位をずっとキープしたまま初優勝、メジャー初タイトルを手に入れた。2位にはフィル・ミケルソンとジャスティン・ローズの2人が入ったが、その差は4ストロークもあったのだ。

 さて、このスピース。彼の持ち味はいろいろとあるが、ユニークなのがパッティング。ショートパットを打つ時、彼はアドレス後、ボールではなくカップを見たままストロークしている。つまりヘッドアップしたままパットしているのだ。ゴルフの常識から考えれば、これは非常識な打ち方である。

 かなり大胆(非常識)なことをやっているが、目標を見たまま動作を行うというのは理にかなっている。目標に意識を集中することができるし、ボールを凝視しない方が手の動きがスムーズになるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る