J・スピース流パットの極意 アドレスしたらすぐに打つ

公開日: 更新日:

 今年のマスターズはまさにジョーダン・スピースのワンマンショーだった。初日に64(8アンダー)でトップに立つや、2日目も66(6アンダー)。3日目、最終日も70(2アンダー)と無難にまとめ、トータル18アンダーでホールアウト。初日から首位をずっとキープしたまま初優勝、メジャー初タイトルを手に入れた。2位にはフィル・ミケルソンとジャスティン・ローズの2人が入ったが、その差は4ストロークもあったのだ。

 さて、このスピース。彼の持ち味はいろいろとあるが、ユニークなのがパッティング。ショートパットを打つ時、彼はアドレス後、ボールではなくカップを見たままストロークしている。つまりヘッドアップしたままパットしているのだ。ゴルフの常識から考えれば、これは非常識な打ち方である。

 かなり大胆(非常識)なことをやっているが、目標を見たまま動作を行うというのは理にかなっている。目標に意識を集中することができるし、ボールを凝視しない方が手の動きがスムーズになるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る